ホーム > 報道発表資料 > 株式会社三浦グリーンビジネスが輸入・販売した「NEW碧露」、「緑豊」及び「凱亜」の回収等について


ここから本文です。

プレスリリース

平成20年2月28日

農林水産省

株式会社三浦グリーンビジネスが輸入・販売した「NEW碧露」、「緑豊」及び「凱亜」の回収等について

三浦グリーンビジネスが輸入・販売した「NEW碧露」及び「緑豊」が無登録農薬に該当することが判明したため、同社及び販売会社に立入検査を実施しました。その結果、同社が当該資材及び「凱亜(「NEW碧露」を原料とする資材)」の自主回収を行うこととしました。また、農林水産省は、都道府県等を通じて、これらの資材の購入者、販売者等に対し、当該資材の使用禁止、河川等への廃棄の禁止、回収への協力を指導しました。
なお、当該資材に含まれる農薬の有効成分の性質・安全性等を総合的に勘案すると、当該資材の使用は農作物の安全性に大きな影響を与えることはないものと考えています。

1. 株式会社三浦グリーンビジネスが輸入・販売したスプレータイプの「NEW碧露」(商品名)を分析した結果、農薬の有効成分ピレトリンが病害虫防除効果を有する程度含有されていたことが確認されましたので、当該資材は無登録農薬に該当します。

2. また、同社が輸入・販売した希釈散布用乳剤タイプの「NEW碧露」及び「緑豊」(商品名)についても、分析した結果、10検体中8検体が農薬の有効成分ロテノンを使用時に防除効果を示す程度含有していることが確認されましたので、当該資材は無登録農薬に該当します。

3. 農林水産省及び環境省は、2月25日から三浦グリーンビジネス及び当該資材の販売会社への立入検査等を行っています。これまでの結果、

(1)「NEW碧露」及び「緑豊」は、平成12年以降、同社が中国の製造業者から輸入していること

(2)スプレータイプの「NEW碧露」は、昨年11月に販売を中止していること

(3)同社は、乳剤タイプの「NEW碧露」及び「緑豊」の特定のロットへのロテノンの添加は、中国の製造会社で行われたとしているが、当該資材のロットごとの原料の種類や配合割合等を把握していないこと

(4)「NEW碧露」を原料とする「凱亜」(商品名)という資材を販売していたこと

等が明らかになりました。

4. 三浦グリーンビジネスは、これらの資材を全て自主回収するとしています。農林水産省は、本日、同社及び販売会社に対し、自主回収の状況等について報告することを命じました。

5. また、昨日、農林水産省より都道府県等を通じて、

(1)当該資材を保有している販売者に対して、[1]これらを販売することなく、直ちに輸入業者に返品すること、[2]来店者の目に付く場所(店頭、販売棚等)に、当該資材の河川等への廃棄を行わず、速やかな返品を促す注意喚起を掲示すること

(2)当該資材を保有している生産者に対して、これらを使用することなく、直ちに販売者を通じて輸入業者に返品することを指導する

ことについて通知を発出するとともに、電話等で当該資材の購入者に対して、使用及び河川等への廃棄の禁止、回収への協力要請を行いました。

6. なお、「NEW碧露」及び「緑豊」は家庭園芸用複合肥料として登録されていますが、農林水産省は、同様の問題が発生することを防止するため、今後、家庭園芸用複合肥料の登録検査項目として農薬成分の追加を行う予定としています。

7.「NEW碧露」、「緑豊」及び「凱亜」に含まれる農薬の有効成分の性質・安全性及び三浦グリーンビジネスが推奨していた使用方法等を総合的に勘案すると、当該資材の使用は農作物の安全性に大きな影響を与えるものではないと考えられます。しかしながら、ロテノンを含有する資材を河川等に廃棄することにより、ロテノンが水系に入ると魚類の被害が著しいこと等から、これらの資材の速やかな回収に努める必要があります。

お問い合わせ先

消費・安全局農産安全管理課農薬対策室
担当者:室長 鈴木、農薬企画班 井上
代表:03-3502-8111(内線4503)
ダイヤルイン:03-3502-5969
FAX:03-3501-3774

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図