ホーム > 報道発表資料 > 東京大学大学院農学生命科学研究科附属農場における水銀剤使用について(再報告命令)


ここから本文です。

プレスリリース

平成20年10月27日

農林水産省

東京大学大学院農学生命科学研究科附属農場における水銀剤使用について(再報告命令)

東京大学大学院農学生命科学研究科附属農場における使用が禁止されている有機水銀剤の使用について、農林水産省は平成20年10月3日付けで農薬取締法第13条の規定に基づき報告命令を発出し、平成20年10月24日付けで東京大学より報告を受けました。農林水産省は、報告書の内容を精査した結果、本日付けで再度今後の再発防止策の実施及び改善状況等に係る報告命令を東京大学総長に対し発出しました。

報告書の概要

東京大学に対する報告命令の発出

提出された報告書の内容を精査した結果、代替剤がある中で水銀剤の使用に至った要因の解明を実施した上で、適切な再発防止策を講じるとともに、農薬の適正使用に関する指導状況及び保管・管理に係る改善策等について報告させる必要があると判断しました。

以上のことから、本日、東京大学に対し、再発防止策の実施及び改善状況等について、農薬取締法第13条の規定に基づき、再度報告命令を発出しました。

 

〈参考〉平成20年10月3日付けプレスリリース「東京大学大学院農学生命科学研究科附属農場における水銀剤使用について」

お問い合わせ先

消費・安全局農産安全管理課農薬対策室
担当者:農薬指導班 仲田、坂口
代表:03-3502-8111(内線4500)
ダイヤルイン:03-3501-3965
FAX:03-3501-3774

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図