ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 株式会社 セリエが製造、販売した製品「漢方の力DE収量・食味安定」等の自主回収について


ここから本文です。

プレスリリース

平成25年2月13日

農林水産省

株式会社 セリエが製造、販売した製品「漢方の力DE収量・食味安定」等の自主回収について

農林水産省は、株式会社 セリエ(神奈川県横浜市)が製造・販売した製品「漢方の力DE 収量・食味安定」及び「天然の力DE 野菜・果樹元気」に農薬の有効成分であるピレトリン類が殺虫効果を有する程度含まれることを確認し、同社に立入検査を実施しました。

その結果、同社の関連製品である「黒酢の力DE 殺菌効果」、「天然の力DE 薔薇元気」及び「天然の力DE 草花元気」が、ピレトリン類を含有する除虫菊抽出物を配合して製造されていたことが判明しました。

上記の5製品は、農薬取締法第2条第1項に違反する無登録農薬に該当することから、農林水産省は、同社に対しこれら5製品の製造・販売を中止し、すでに販売した製品の自主回収を行うよう指導しました。

なお、ピレトリン類の性質等からみて、当該製品の使用が国民の健康及び生活環境に大きな影響を与えることはないものと考えています。

概要

1. 農林水産省は、株式会社 セリエ(神奈川県横浜市)が製造・販売した製品「漢方の力DE収量・食味安定」及び「天然の力DE野菜・果樹元気」を分析した結果、農薬の有効成分であるピレトリン類が殺虫効果を有する程度含まれることを確認しました。

2. 当該製品は無登録農薬に該当することから、農林水産省は、2月5日及び2月8日に株式会社 セリエへの立入検査を行いました。

その結果、

(1)当該製品は、原料を中国から輸入し、国内の業者に製造を委託していること

(2)同社が製造する当該製品及び関連製品の原料の一つとしてピレトリン類を含有する除虫菊抽出物が使用されていること 

(3)当該製品について、同社は除虫菊抽出物の配合を指示していなかったが、製造の過程において何らかの原因でピレトリン類が混入したと考えられること

(4)同社の関連製品である「黒酢の力DE殺菌効果」、「天然の力DE薔薇元気」及び「草花元気」が、ピレトリン類を含有する除虫菊抽出物を配合して製造されていたことからこれらの製品も無登録農薬に該当すること

(5)これら5製品の出荷量はごくわずかであること

等が明らかになりました。  

3. 農林水産省は、2月8日に、同社に対しこれら5製品の製造・販売を中止し、すでに販売した製品の自主回収を行うよう指導するとともに、自主回収の状況等について報告することを命じました。

4. 農林水産省の指導に基づき、同社は、これら5製品の製造・販売を中止し、当該商品を卸した先に連絡し在庫品の回収を行うとともに、商品を購入した方からの返品にも応じるとしています。

5. また、農林水産省は、本日、都道府県等に対し以下の内容を含む通知を発出し、農薬の販売や使用の規制について改めて注意喚起を行いました。

(1)農薬取締法(昭和23年法律第82号。以下「法」という。)第9条第1項の規定により、農薬の販売者は、容器又は包装に製造者又は輸入者により登録番号、農薬の種類、名称、使用方法等の法第7条に基づく表示のある農薬及び特定農薬以外の農薬を販売してはならないこと。

(2)法第11条の規定により、農薬の使用者は、容器又は包装に製造者又は輸入者により登録番号、農薬の種類、名称、使用方法等の法第7条に基づく表示のある農薬及び特定農薬以外の農薬を使用してはならないこと。

(3)保有している農薬に、法第7条に基づく表示がされていないものを発見した場合には、当該農薬の製造者、輸入者又は販売者に返品するか、産業廃棄物として適切に処理することとし、決して販売(譲渡を含む)又は使用しないこと。

6. なお、ピレトリン類の性質等からみて、これら5製品の使用が国民の健康及び生活環境に大きな影響を与えることはないものと考えています。 
 


 

お問い合わせ先

消費・安全局農産安全管理課農薬対策室
担当者:楠川、金武
代表:03-3502-8111(内線4500)
ダイヤルイン:03-3501-3965
FAX:03-3501-3774

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図