ホーム > 報道発表資料 > 中国産冷凍ギョウザが原因と疑われる健康被害事例の発生に対する農林水産省の対応について


ここから本文です。

プレスリリース

平成20年1月30日

農林水産省

中国産冷凍ギョウザが原因と疑われる健康被害事例の発生に対する農林水産省の対応について

本日、兵庫県及び千葉県において、ジェイティフーズ株式会社(東京都品川区)が中国から輸入した冷凍ギョウザが原因と疑われる中毒事例が発生したとの情報を入手しました。同事業者は、当該製品と同一工場で製造された製品を自主回収していますが、農林水産省としても、輸入事業者による中国産冷凍ギョウザの回収等について、地方農政事務所を通じて、周知するとともに、事業者団体に対して各種働きかけをしました。

  1. 本日、兵庫県及び千葉県において中国産冷凍ギョウザが原因と疑われる中毒事例が発生したとの情報を入手しました。現在、関係機関が調査を行っているところですが、包材及び吐瀉(としゃ)物中のギョウザから有機リン系殺虫剤のメタミドホスが検出されたとの報告があります。これらの事例の原因として、ジェイティフーズ株式会社(東京都品川区)が中国から輸入した冷凍ギョウザが疑われています。
  2. 同事業者は、別添1の通り当該製品と同一工場で製造された製品を自主回収する旨を公表しています。
  3. 農林水産省としても、輸入事業者による中国産冷凍ギョウザの回収等について、地方農政事務所を通じて、周知しました。また、別添2のとおり、関係事業者団体に対して、傘下会員等企業が当該製品等の取扱いの中止と同事業者の自主回収に協力するよう働きかけました。さらに、別添3のとおり、冷凍食品事業者団体に対して、傘下会員等企業においても当該製品と同一工場で製造された製品や原材料の有無について、点検を行うよう要請しました。
  4. なお、報道各社の皆様におかれても、報道に際しては、すでに販売済みの製品もあることから、当該製品等を食べないよう注意喚起していただくようお願いいたします。

 


お問い合わせ先

消費・安全局消費・安全政策課 
担当者:辻山、伊藤
代表:03-3502-8111(内線4451)
ダイヤルイン:03-3502-2319

食料産業局流通課 
担当者:中里(別添2関係)
代表:03-3502-8111(内線4103)
ダイヤルイン:03-3502-7659

食料産業局食品産業振興課外食産業室
担当者:船田(別添2、3関係)
代表:03-3502-8111(内線4150)
ダイヤルイン:03-3502-8267

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図