ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 平成26年度「レギュラトリーサイエンス新技術開発事業」の公募及び公募説明会の実施について


ここから本文です。

プレスリリース

平成25年12月27日

農林水産省

平成26年度「レギュラトリーサイエンス新技術開発事業」の公募及び公募説明会の実施について

農林水産省は、平成26年度予算に係る「レギュラトリーサイエンス新技術開発事業」の試験研究課題の公募を平成26年1月6日(月曜日)から開始します。

また、本事業に係る公募説明会を平成26年1月15日(水曜日)及び1月17日(金曜日)に開催します。

「レギュラトリーサイエンス新技術開発事業」の試験研究課題の公募

  農林水産省は、安全な農畜水産物の安定的な供給に資するよう、食品安全、動物衛生及び植物防疫に関する施策の決定に必要な科学的根拠を得るための試験研究を実施しています。

  平成26年度においても、食品安全、動物衛生及び植物防疫に関する試験研究を行う予定としており、平成26年1月6日(月曜日)から2月12日(水曜日)10時00分までの日程で、以下の試験研究課題の公募を行います。

公募課題

    【食品安全に関する課題】
  1  高温加熱により生成する多環芳香族炭化水素類(PAHs)を低減した調理法の開発 
  2  貝毒リスク管理措置の見直しに向けた研究
  3  より効率的な土壌浄化を可能にするカドミウム高吸収稲品種の選抜と栽培技術の確立 
  4  畜産農場における食中毒菌汚染低減に向けた野生動物侵入防止策及び衛生害虫まん延防止策の確立

  【動物衛生に関する課題】
  5  簡便かつ頻回採取が可能な検体を用いた家畜疾病の検査方法の開発
  6  馬の伝染性疾病の迅速検査法の開発

  【植物防疫に関する課題】
  7  シミュレーションモデルを活用した無人ヘリコプターのよりきめ細かい散布手法の検討

 応募要領等

   応募要領、提案書の様式は、平成26年度「レギュラトリーサイエンス新技術開発事業」のページ(http://www.maff.go.jp/j/syouan/seisaku/regulatory_science/h26.html)に掲載しています。 

公募説明会

  応募の手続、試験研究課題の内容等について説明するため、以下のとおり公募説明会を開催します。

  説明会への出席を希望される方は、開催日の前日の13時00分までに上記の「レギュラトリーサイエンス新技術開発事業」のページから御応募ください。

開催日時及び場所

   日時:平成26年1月15日(水曜日) 13時30分~
   会場:農林水産省 消費・安全局第4・5会議室(本館地下、ドアNo.003-1,003-2) 
   所在地:東京都 千代田区 霞が関 1-2-1
   説明課題:
    ・高温加熱により生成する多環芳香族炭化水素類(PAHs)を低減した調理法の開発
    ・貝毒リスク管理措置の見直しに向けた研究
    ・より効率的な土壌浄化を可能にするカドミウム高吸収稲品種の選抜と栽培技術の確立
    ・シミュレーションモデルを活用した無人ヘリコプターのよりきめ細かい散布手法の検討

   日時:平成26年1月17日(金曜日)15時10分~
   会場:農林水産省 消費・安全局第4・5会議室(本館地下、ドアNo.003-1,003-2) 
   所在地:東京都 千代田区 霞が関 1-2-1
   説明課題:
    ・畜産農場における食中毒菌汚染低減に向けた野生動物侵入防止策及び衛生害虫まん延防止策の確立
    ・簡便かつ頻回採取が可能な検体を用いた家畜疾病の検査方法の開発
    ・馬の伝染性疾病の迅速検査法の開発


 

<添付資料>(添付ファイルは別ウィンドウで開きます。)

お問い合わせ先

消費・安全局消費・安全政策課
担当者:久保、横沼  (公募及び公募説明会について)
代表:03-3502-8111(内線4451)
ダイヤルイン:03-3502-5722
FAX:03-3507-4232

農林水産技術会議事務局研究推進課
担当者:一関、入山  (予算について)
代表:03-3502-8111(内線5893)
ダイヤルイン:03-3502-7438
FAX:03-3593-2209

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図