ホーム > 報道発表資料 > ポテトスピンドルチューバーウイロイドによるトマトの病気の調査結果と今後の対応について


ここから本文です。

プレスリリース

平成21年8月7日

農林水産省

ポテトスピンドルチューバーウイロイドによるトマトの病気の調査結果と今後の対応について

平成20年8月、福島県いわき市のトマト生産施設(ガラス温室)内の一部で、ポテトスピンドルチューバーウイロイド(Potato spindle tuber viroid(PSTVd))によるトマトの病気の発生が確認されたため、1年にわたって同施設及び施設周辺でナス科の植物を調査してきたところ、病気の新たな発生がないことを確認しました。

今回のPSTVdによる病気の発生は、契約栽培により輸入されたトマト種子が原因である可能性が高いことから、今後、輸入トマト種子の検査を強化します。

なお、PSTVdは植物に感染するものですが、人には感染しませんので、万が一感染したトマト果実を食べても、健康に影響はありません。

経緯

(1)平成20年8月、福島県いわき市で養液栽培によりトマト果実を生産している施設(ガラス温室)内の一部において、葉の先端が紫色に変色する等の症状が確認されました。横浜植物防疫所及び独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構中央農業総合研究センターにおいて調査を行ったところ、我が国においては過去に発生の報告がなかったポテトスピンドルチューバーウイロイド※注(Potato spindle tuber viroid(PSTVd))による病気であることが判明しました。

(2)直ちに発生が確認された施設内の全てのトマト苗及び培養資材(ロックウール)を廃棄するとともに、施設内全体を消毒しました。

調査結果

農林水産省及び福島県は、平成20年8月に施設内のトマトを植え替えた後、平成21年7月までの作付け期間中、施設内及び施設周辺において、2か月毎にナス科の宿主植物(トマト、イヌホオズキ)を中心にPSTVdによる病気の発生の有無の調査を行いました。その結果、全期間にわたって、PSTVdによる病気の新たな発生がないことを確認しました。このことから、農林水産省は、平成21年7月をもって、今回のPSTVdによる病気は終息したと判断しました。

発生原因

農林水産省が、PSTVdによる病気の発生原因を特定するための調査を行ったところ、発生を確認したトマトについては、すべて特定の育苗施設から苗が供給されており、かつ、その苗は特定の輸入種子に由来するものであり、他に本種子を輸入した事例はありません。この育苗施設では、他の植物から隔離された環境下で苗が栽培されていることから、輸入されたトマト種子がPSTVdに汚染されていた可能性が高いと判断しました。

当該トマト種子は、特定の育苗施設にのみ配布されており、その他のトマト栽培農家には流通していません。また、同じ種子の同一ロット由来の苗の供給を受けたすべての生産施設を調査した結果、PSTVdによる病気の発生がないことを確認しました。

今後の対応

今回確認されたPSTVdによる病気の発生原因は輸入されたトマト種子である可能性が高いことから、PSTVdによる病気の再発生を防止するため、輸入されるトマト種子に対する輸入時の検査を強化します。

その他

PSTVdは植物に感染するものですが、人には感染しませんので、万が一感染したトマト果実を食べても、健康に影響はありません。

万が一、トマトに見慣れない症状が見つかった場合には、速やかに最寄りの植物防疫所又は各都道府県の病害虫防除所にお知らせください。

 

(※注)ウイロイドとは

ウイルスより小さい植物病原体。300~600塩基からなる小さな一本鎖環状RNAからなる。(「岩波生物学辞典」から抜粋)

<添付資料>(添付ファイルは別ウィンドウで開きます。)

お問い合わせ先

消費・安全局植物防疫課
担当者:国内検疫班 相原、春日井
代表:03-3502-8111(内線4564)
ダイヤルイン:03-3502-5976
FAX:03-3502-3386

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図