ホーム > 報道発表資料 > 平成22年度病害虫発生予報第2号の発表について


ここから本文です。

プレスリリース

平成22年5月20日

農林水産省

平成22年度病害虫発生予報第2号の発表について

向こう1か月の主要な病害虫の発生予察情報については、次のとおりです。

  • 水稲では、イネ縞葉枯病ウイルスを媒介するヒメトビウンカの保毒虫率が高い値になっている地域があります。また、田植え後、本田に放置された補植用取置き苗はいもち病の伝染源となるので、早期の除去を徹底してください。
  • 施設栽培野菜では、トマトの灰色かび病、いちごの灰色かび病の発生が多くなっています。
  • 果樹では、果樹のカメムシ類、なしの黒星病の発生が多くなっています。

病害虫防除に関する留意点

水稲

麦の種類 最初の防除を行う生育時期
小麦 開花を始めた時期から開花期まで
二条大麦 穂揃い期の10日後頃
六条大麦 開花を始めた時期から開花期まで

野菜・花き

露地栽培

 

発生が多い・やや多いと予想される病害虫及び地域

作物名/病害虫 発生が「多い」地域 発生が「やや多い」地域

キャベツ

アブラムシ類

  南関東
たまねぎ

白色疫病

四国、近畿

 

べと病

北九州 中国
ねぎ

さび病

近畿、北九州

東海、四国

アザミウマ類

  四国

 

施設栽培

 

トマト

 

いちご

 

 発生が多い・やや多いと予想される病害虫及び地域

作物名/病害虫 発生が「多い」地域 発生が「やや多い」地域
トマト

疫病

北関東

南九州

灰色かび病

関東、南九州

東海、近畿、四国

ハモグリバエ類

北関東  

コナジラミ類

  関東、四国、南九州
なす

すすかび病

 

四国

アザミウマ類

北九州

 

コナジラミ類

四国  
ピーマン

アザミウマ類

南九州

 

アブラムシ類

四国

 

コナジラミ類

四国  

ハダニ類

  北関東
きゅうり

うどんこ病

北関東

南関東

褐斑病

四国

 

灰色かび病

 

北関東

べと病

 

四国

アザミウマ類

北関東

四国、九州

コナジラミ類

  関東、南九州
いちご

灰色かび病

東海、四国

関東、北陸、中国

うどんこ病

四国

東海、九州

コナジラミ類

 

北陸

ハダニ類

南関東 北関東、北陸
きく

白さび病

 

北関東、近畿、南九州

アザミウマ類

  南関東

ハダニ類

  北関東

 

果樹・茶

果樹共通

 

かんきつ

 

りんご

 

なし

 

もも

 

かき

 

 

都道府県が発表した警報、注意報及び特殊報

平成22年4月22日以降、都道府県が発表している警報、注意報及び特殊報は下記のとおりです。

警報

発表なし。

注意報

発表日 都道府県名 作物名 病害虫名
4月23日 岩手県 水稲 苗立枯病
4月23日 福岡県 小麦、二条大麦、裸麦 赤かび病
4月27日 新潟県 トマト 灰色かび病
4月28日 香川県 にんにく ニンニク春腐病
4月28日 福岡県 水稲 イネ縞葉枯病
4月30日 大分県 白ねぎ さび病
5月11日 岡山県 もも、なし 果樹カメムシ類
5月13日 和歌山県 うめ、かんきつ 果樹カメムシ類
5月18日 長崎県 いちご うどんこ病

特殊報

発表日 都道府県名 作物名 病害虫名
4月28日  愛知県  いちご  アオグロヒラタゴミムシ 

 

用語解説

地域

 

発生量(程度)

(平年値は過去10 年間の平均)

 

平成22年度病害虫発生予報の発表予定

第1号:4月22日(木曜日)
第2号:5月20日(木曜日)
第3号:6月17日(木曜日)
第4号:7月 8日(木曜日)
第5号:7月22日(木曜日)
第6号:8月12日(木曜日)
第7号:9月 9日(木曜日)
第8号:10月 7日(木曜日)
第9号:11月11日(木曜日)
第10号:2月17日(木曜日)


 

お問い合わせ先

消費・安全局植物防疫課
担当者:防除班・黒谷、金武
代表:03-3502-8111(内線4562)
ダイヤルイン:03-3502-3382
FAX:03-3502-3386

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図