ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 「ウメ輪紋ウイルスに関する対策検討会」の開催について


ここから本文です。

プレスリリース

平成24年9月13日

農林水産省

「ウメ輪紋ウイルスに関する対策検討会」の開催について

農林水産省は、平成24年9月27日(木曜日)に農林水産省共用第10会議室において、平成21年4月に国内で発生が確認されたウメ輪紋ウイルス(プラムポックスウイルス)に関する対策検討会を開催します。

会議は非公開です。ただし、カメラ撮影は冒頭のみ可能です。

1.趣旨

農林水産省は、平成21年4月に東京都青梅市のウメに、我が国で初めてウメ輪紋ウイルス(プラムポックスウイルス)による植物の病気(ウメ輪紋病)の発生を確認しました。

農林水産省では、国内のモモやスモモなどの核果類果樹への被害を防止するため、植物防疫法(昭和25年法律第151号)に基づく緊急防除の実施等により、本ウイルスのまん延防止及び根絶を図っているところです。

また、本ウイルスの防除を行うため、本年もこれまでと同様、各都道府県の協力により、(1)東京都青梅市等の緊急防除の防除区域及びその周辺の調査(防除区域等調査)並びに(2)全国の主要な生産園地及び観光園地などの調査(広域調査)を実施してきたところです。

この度、本調査結果を踏まえ、今後の具体的な防除対策に資するため、植物病理学等の専門家の参加の下に、技術的な観点から検討を行うこととします。

なお、今回の議事要旨については、検討会終了後、以下のURLで公開いたします。
http://www.maff.go.jp/j/syouan/syokubo/keneki/k_kokunai/ppv/ppv.html

2.開催日時及び場所

日時:平成24年9月27日(木曜日)15時00分~17時30分

会場:農林水産省 7階 共用第10会議室

所在地:東京都 千代田区 霞が関1丁目2番1号

3.議題

(1)報告事項

(2)協議事項

(3)その他

4.報道関係者の皆様へ

検討会の議事には、調査対象である生産園地等と直接関連する個人情報が含まれ、当該個人の利益を害するおそれがあるため非公開としますが、冒頭のカメラ撮影は可能です。

 

<添付資料>(添付ファイルは別ウィンドウで開きます。)

お問い合わせ先

消費・安全局植物防疫課
担当者:鈴木、春日井
代表:03-3502-8111(内線4564)
ダイヤルイン:03-3502-5976
FAX:03-3502-3386

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図