ホーム > 報道発表資料 > 米国における安全性未審査の遺伝子組換えトウモロコシについて


ここから本文です。

プレスリリース

平成20年2月23日

農林水産省

米国における安全性未審査の遺伝子組換えトウモロコシについて

2月22日(金曜日)午後、在京米国大使館から当省に対して、安全性の審査手続を経ていない遺伝子組換えトウモロコシ(ダウ・アグロサイエンス社が開発した「DAS59132」という系統)が、米国内において誤って栽培されていた事実が判明した、との報告があった。当省は、米国政府に対して、より詳細な情報の提供を申し入れた。情報を入手次第速やかに必要なリスク管理措置を検討し、実施する予定である。

1.米国大使館からの報告内容

(1) ダウ・アグロサイエンス社が2006~2007年の2年間に米国で販売した審査済み遺伝子組換えトウモロコシの種子の中に、安全性未審査の遺伝子組換えトウモロコシ(DAS59132)がごくわずか混入しており、これが作付けされていたことが判明した。(米国政府は0.0002%の混入率と推計している。また、DAS59132を含む2008年作付用の種子をダウ社が回収するよう、必要な措置を完了した。)

(2) このDAS59132が発現するたん白質は、既に日米両国で安全性審査を完了している遺伝子組換えトウモロコシDAS59122(害虫に対する抵抗性と除草剤への耐性を有する系統)のものと同一であり、安全性に問題はないと判断しており、国内流通や輸出に関する規制等の措置を講じる予定はない。

 注)米国政府は、22日午後(日本時間では23日午前)、本件に関するプレスリリースを行っており、その抄訳は別紙1のとおり。

2.当省としての対応

当省としては、米国政府に対して、より詳細な情報の提供を申し入れたことに加え、ダウ・アグロサイエンス社に対して、このDAS59132に関する安全性情報等の提供を求めているところである。より詳細な情報を入手した段階で、必要なリスク管理措置を検討し、速やかに実施していくこととする。

3.畜産物の安全性に関する考察

(1) このDAS59132は、飼料安全法及び食品衛生法に基づく安全性の審査手続を経ていないが、以下の理由により、我が国の畜産物の安全性への影響は無視できる程度であると考えられる。

(ア)家畜に摂取されたDNAやたん白質は、家畜の体内で素早く分解される上に、遺伝子組換え飼料を摂取した家畜由来の畜産物からは、遺伝子組換え飼料の組換えDNAやたん白質が検出されないことが、多くの試験において示されていること。(出典:「遺伝子組換え飼料を摂取した家畜の肉、乳、卵における組換えDNA及びたん白質の動態に関する欧州食品安全機関の科学的アドバイス」)

(イ)当省で行った遺伝子組換えトウモロコシを家畜に給与した試験において、当該家畜由来の畜産物から給与された組換え体の遺伝子やたん白質が検出された事例はないこと。

(ウ)このDAS59132に挿入された遺伝子やそれによって生産されるたん白質は、既に日米両国で安全性審査を完了している遺伝子組換えトウモロコシ(DAS59122)のものと同一であること。

(エ)このDAS59132の2007年度産トウモロコシへの混入割合は、0.0002%と低い水準にあること。

(2) なお、厚生労働省の公表資料は別紙2のとおり。

<添付資料>(添付ファイルは別ウィンドウで開きます。)

お問い合わせ先

消費・安全局畜水産安全管理課 
担当者:藁田、堀米
代表:03-3502-8111(内線4537)
ダイヤルイン:03-3502-8702
FAX:03-3502-8275

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図