ホーム > 報道発表資料 > 「獣医療を提供する体制の整備を図るための基本方針」(案)についての意見・情報の募集について


ここから本文です。

プレスリリース

平成22年3月31日

農林水産省

「獣医療を提供する体制の整備を図るための基本方針」(案)についての意見・情報の募集について

農林水産省では、「獣医療を提供する体制の整備を図るための基本方針」(案)について、広く国民の皆様から意見・情報を募集するため、平成22年3月31日(水曜日)から4月29日(木曜日)までの間パブリックコメントを実施します。

 1.意見公募の趣旨・目的・背景

(1)制度の仕組み  

獣医療法(平成4年法律第46号)第10条において、農林水産大臣は、「獣医療を提供する体制の整備を図るための基本方針」(以下「基本方針」という。)を獣医事審議会の意見を聴いて定めなければならないこととされています。
また、同法第11条において、都道府県は、基本方針に即して、地域の実態を踏まえ、都道府県における「獣医療を提供する体制の整備を図るための計画」を策定することができることとされています。

(2)新しい基本方針(案)の概要

平成12年12月に公表された現行基本方針の目標年度は、平成22年度までとされているため、今回、平成32年度を目標とした新たな基本方針を定める必要があります。このため、獣医事審議会計画部会において基本方針の見直しについての審議を行い、新しい基本方針の案が取りまとめられたところです。
この中では、(ア)産業動物獣医師及び都道府県の公務員獣医師の確保措置の強化、(イ)獣医療ニーズを踏まえた獣医師の技術水準の高位平準化、(ウ)良質かつ適切な獣医療を提供するための獣医療関係者との連携・協力の強化といった基本的な方向が示されています。
今後、農林水産大臣が基本方針を定めるに当たって、広く国民の皆様からご意見・  情報を募集するものです。

 ※これまでの計画部会の資料については、以下のURL でご覧になれます。
http://www.maff.go.jp/j/council/zyuizi/index.html

 2.意見・情報の提出方法

(1)インターネットによる提出

(2)郵便

〒100-8950 東京都千代田区霞が関1-2-1

農林水産省消費・安全局畜水産安全管理課獣医事班

(3)FAX

03-3502-8275

(電話での意見・情報はお受けしませんのでご了承願います。)

3.意見・情報の提出上の注意

4.意見情報の提出締切日

平成22年4月29日(郵便の場合は消印有効)

 

お問い合わせ先

消費・安全局畜水産安全管理課
担当者:吉田、栗栖
代表:03-3502-8111(内線4530)
ダイヤルイン:03-3501-4094
FAX:03-3502-8275

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図