ホーム > 報道発表資料 > 食品安全委員会への食品健康影響評価の依頼について


ここから本文です。

プレスリリース

平成22年5月10日

農林水産省

食品安全委員会への食品健康影響評価の依頼について

農林水産省は、動物用医薬品の製造販売の承認について、本日付けで食品安全委員会の意見を聴くこととしましたのでお知らせします。

食品安全委員会への意見聴取事項

マイコプラズマ・ガリセプチカム感染症・マイコプラズマ・シノビエ感染症混合生ワクチン(ノビリスMGMS)

(1)主成分

弱毒マイコプラズマ・ガリセプチカム 6/85株
弱毒マイコプラズマ・シノビエ MS1株

(2)対象動物

(3)用法及び用量

マイコプラズマ・ガリセプチカム乾燥ワクチン及びマイコプラズマ・シノビエ乾燥ワクチンを別売の「ソルベンス・1000」1本に溶解、混合した後、混合ワクチンを1羽当たり1滴(約0.03mL)を6週齢以上の鶏に点眼投与する。又は、200mLの飲用水にマイコプラズマ・ガリセプチカム乾燥ワクチン及びマイコプラズマ・シノビエ乾燥ワクチンを溶解、混合した後、混合ワクチンを噴霧器を用いて6週齢以上の鶏の上方10~15cmの距離から均等に1羽当たり0.2mLを噴霧投与(粒子径:20ミクロン以下)する。

(4)効能又は効果

鶏のマイコプラズマ・ガリセプチカム及びマイコプラズマ・シノビエ感染に伴う呼吸器疾病(気嚢炎)及び産卵率低下の軽減


お問い合わせ先

消費・安全局畜水産安全管理課
担当者:薬事安全企画班 関口、國分
代表:03-3502-8111(内線4531)
ダイヤルイン:03-3502-8701
FAX:03-3502-8275

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図