ホーム > 報道発表資料 > 「農業資材審議会 飼料分科会 家畜栄養部会」の開催及び一般傍聴について


ここから本文です。

プレスリリース

平成23年1月7日

農林水産省

「農業資材審議会 飼料分科会 家畜栄養部会」の開催及び一般傍聴について

農林水産省は、「農業資材審議会 飼料分科会 家畜栄養部会」を平成23年1月14日(金曜日)13時30分から中央合同庁舎4号館共用会議室1219号会議室において開催します。当部会は公開です。なお、カメラ撮影は会議冒頭のみとします。

また、当該会議資料は会議終了後にホームページで公開いたします。

1.概要

飼料の公定規格(昭和51年7月24日農林水産省告示第756号)には、飼料の種類ごとに栄養成分量の最大量・最小量、栄養成分の分析法、栄養価の計算方法などが定められています。

今回の「農業資材審議会 飼料分科会 家畜栄養部会」では、「飼料の安全性の確保及び品質の改善に関する法律(昭和28年法律第35号)第26条第6項」の規定に基づき、新たな飼料原料の可消化養分総量及び代謝エネルギーの設定等について審議します。

これまでの当部会の資料については、以下のURLでご覧になれます。

また、今回の会議資料は、会議終了後に同URLで公開することとしております。

http://www.maff.go.jp/j/council/sizai/siryou/index.html

2.開催日時及び場所

平成23年1月14日(金曜日)13時30分から17時00分

中央合同庁舎4号館 共用会議室1219号会議室

東京都 千代田区 霞が関 3-1-1

3.議題

(1)新たな飼料原料の可消化養分総量及び代謝エネルギーの設定について

(2)その他

4.傍聴申込

FAX送付先:農林水産省 消費・安全局 畜水産安全管理課 宛

FAX番号:03-3502-8275

5.その他

傍聴に当たっては、次の留意事項を遵守して下さい。

これを守らない場合は、傍聴をお断りすることがあります。

1.事務局の指示した場所以外に立ち入らないこと。

2.携帯電話等の電源は必ず切って傍聴すること。

3.会議室内での飲食及び喫煙は行わないこと。

4.傍聴中は静粛を旨とし、以下の行為を慎むこと。

  • 委員、臨時委員及び専門員並びに意見公述人の発言に対する賛否の表明又は拍手
  • 傍聴中の入退室(ただし、やむを得ない場合は除く。)
  • 写真、動画等の撮影、ボイスレコーダー等による録音
  • 新聞、雑誌その他議案に関係のない書籍類の読書

5.銃砲刀剣類その他危険なものを議場に持ち込まないこと。

6.その他、会長及び事務局職員の指示に従うこと。

7.報道関係者によるカメラ撮影は冒頭のみ可能です。ご希望の関係者は、事前に事務局まご連絡下さい。

 

お問い合わせ先

消費・安全局畜水産安全管理課
担当者:飼料検査指導班:功刀(くぬぎ)、原田
代表:03-3502-8111(内線4536)
ダイヤルイン:03-3502-8702
FAX:03-3502-8275

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図