ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 放射性セシウムを含む飼料の暫定許容値の改訂について


ここから本文です。

プレスリリース

平成24年2月3日

農林水産省

放射性セシウムを含む飼料の暫定許容値の改訂について

農林水産省は、牛用飼料の放射性セシウムの暫定許容値を改訂します。また、これに合わせた飼養管理、除染対策の推進及び牧草の調査方法等に関する指導等を行います。

なお、豚、家きん等の飼料の暫定許容値についても、今年度内に改訂します。

概要

飼料の暫定許容値の改訂について

1.  農林水産省は、畜水産物が食品の放射性セシウムの基準値を超えないように、飼料中の放射性セシウムの暫定許容値を設定しています。
 (牛、豚、家きん等用飼料  300ベクレル/kg、 養殖魚用飼料  100ベクレル/kg)

2.  国、県等は、飼料作物や牧草中の放射性物質の含有量を調査したり、牛の飼養試験を実施したりして、データを蓄積してきました。

3.  今般、厚生労働省の食品の基準値の見直しの検討をきっかけとして、これまでに蓄積したデータを活用して、牛用飼料の暫定許容値を改訂し、関係者にお知らせすることとしました。

4.  改訂後の暫定許容値に対応するため、生産者に対し、牧草等の粗飼料について代替粗飼料への速やかな切り替えを指導します。

 

  牛用飼料に対する放射性セシウムの改訂後の暫定許容値

100ベクレル/kg(粗飼料は水分含有量8割ベース、その他飼料は製品重量)

 

  5.  輸入穀物を原料とする配合飼料が主体を占めている豚や家きん等の飼料の暫定許容値については、飼料から畜水産物への放射性セシウムの移行試験等の知見を収集しているところであり、その結果を踏まえて、今年度内に改訂します。 

 

暫定許容値の改訂に合わせた飼養管理指導等について

1.  飼料の暫定許容値の改訂に合わせ、自給飼料の生産、飼養管理等について、県と連携を図りながら、生産者への指導を徹底します。

(1)   食品の基準値を超えない牛乳や牛肉が生産されるよう改訂後の暫定許容値(100ベクレル/kg)以下の粗飼料への切り替えを速やかに進めます。改訂後の暫定許容値以下の粗飼料の確保が困難な場合、平成24年3月31日まで(生乳の生産を行う乳用牛については3月15日まで)に改訂後の暫定許容値以下の粗飼料への切り替えを行います。

(2)   畜産物の検査等の結果から、牧草中の放射性セシウム濃度が高いことが示唆される地域では、各県が保管牧草の汚染状況をより詳細に把握した上で、改訂後の暫定許容値以下の粗飼料へ切り替えます。

(3)   今後収穫される牧草が改訂後の暫定許容値を上回ると予想される牧草地について、表土の削り取り、反転耕、耕起等による除染、デントコーン等への作付転換を進めます。

(4)   原発事故直後に収集された稲わらから高濃度の放射性セシウムが検出された経緯等を踏まえ、平成23年産稲から生じる稲わらのうち平成24年にほ場から収集する稲わら(いわゆる春上げ稲わら)については、検査した上で、流通・利用を行います。 

2.  平成23年産牧草のモニタリング調査において、改訂後の暫定許容値を上回る放射性セシウムが牧草から検出された地域を有する8県(注)では、県内で生産される平成24年産永年生牧草の飼料としての流通・利用の自粛を要請し、改めて調査を行った上で、流通・利用の自粛の解除を判断するよう指導します。

(注) 岩手、宮城、福島、茨城、栃木、群馬、埼玉及び千葉の各県

参考~関連通知及びQ&A~

お問い合わせ先

飼料の暫定許容値の改訂について
消費・安全局畜水産安全管理課
担当者:小原、功刀
代表:03-3502-8111(内線4546)
ダイヤルイン:03-6744-1708


暫定許容値の改訂に合わせた飼養管理指導等について
稲わらの利用について(飼料利用)
生産局畜産部畜産振興課草地整備推進室
担当者:小倉、丹菊
代表:03-3502-8111(内線4925)
ダイヤルイン:03-6744-2399


稲わらの利用について(土壌改良資材)
生産局農産部穀物課
担当者:内田、宮本
代表:03-3502-8111(内線4846)
ダイヤルイン:03-3502-5965

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図