ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 飼料(豚、家きん等用)中の放射性セシウムの暫定許容値の改訂について


ここから本文です。

プレスリリース

平成24年3月23日

農林水産省

飼料(豚、家きん等用)中の放射性セシウムの暫定許容値の改訂について

農林水産省は、豚、家きん、馬及び養殖魚用飼料中の放射性セシウムの暫定許容値を改訂しました。

概要 

飼料の暫定許容値の改訂について

1.農林水産省は、畜水産物が食品の基準値を超える放射性セシウムを含まないようにするため、飼料中の放射性セシウムの暫定許容値を設定しています。

 (豚、家きん、馬用飼料  300 ベクレル/kg、養殖魚用飼料  100 ベクレル/kg)

2.今般、飼料から畜水産物への放射性セシウムの移行に関する試験等これまでに蓄積した知見・データを活用し、豚、家きん、馬及び養殖魚用飼料の放射性セシウムの暫定許容値を改訂することとし、関係者にお知らせすることとしました。 

 改訂後の放射性セシウムの暫定許容値 

豚用飼料 80 ベクレル/kg
家きん用飼料 160 ベクレル/kg
馬用飼料 100 ベクレル/kg
養殖魚用飼料 40 ベクレル/kg

 (製品重量、ただし粗飼料は水分含有量8割ベース)

(参考)

 なお、牛用飼料については、平成24年2月3日に100 ベクレル/kgに改訂済みです。

平成24年2月3日付けプレスリリース「放射性セシウムを含む飼料の暫定許容値の改訂について」

http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/tikusui/120203.html

お問い合わせ先

豚、家きん及び馬用飼料の暫定許容値の改訂について
消費・安全局畜水産安全管理課
担当者:小原、功刀
代表:03-3502-8111(内線4546)
ダイヤルイン:03-6744-1708

養殖魚用飼料の暫定許容値の改訂について
消費・安全局畜水産安全管理課水産安全室
担当者:坂本、竹葉
代表:03-3502-8111(内線4540)
ダイヤルイン:03-6744-2105

豚、家きん及び馬用飼料の暫定許容値の改訂に合わせた飼養管理指導等について
生産局畜産部畜産振興課畜産技術室
担当者:飯野、菊地
代表:03-3502-8111(内線4923)
ダイヤルイン:03-6744-2587

養殖魚用飼料の暫定許容値の改訂に合わせた飼養管理指導等について
水産庁増殖推進部栽培養殖課
担当者:岩本、早乙女
代表:03-3502-8111(内線6821)
ダイヤルイン:03-3502-0895

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図