ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 飼料等の自由販売証明書の発行要領の制定について


ここから本文です。

プレスリリース

平成26年11月28日

農林水産省

飼料等の自由販売証明書の発行要領の制定について

農林水産省は、飼料等の輸出をより円滑に進めるため、輸出飼料等に関する自由販売証明書の発行要領を制定しました。

1.概要

  近年、我が国で製造された飼料等を諸外国に輸出する際に、輸出相手国の通関関係機関から、国が発行した自由販売証明書(※)を求められる場合が増えています。
  この度、農林水産省は、飼料等の輸出をより円滑に進めるため、輸出飼料等に関する自由販売証明書の発行要領を制定しました。

  (※)飼料等が我が国において問題なく流通していることを示す証明書

2.現在の状況

 (1) 現在、飼料添加物、養魚用飼料、観賞魚用飼料、ペットフード等がアジアを中心に輸出されています。平成25年の配合調整飼料の輸出額は約58億円、この他に犬・猫用のペットフードが約6億円です。 

        飼料等の輸出額(平成25年次)                 単位:億円

飼料等

輸出額

農林水産物・食品

          5,505         

     配合調整飼料

               58         

         うち、鑑賞魚用飼料

               12(※)    

ペットフード(犬・猫用)

                 6          

                                 (※)業界からの聞き取りによる推計
                                                                    出典:貿易統計

 

 (2) 一部の国では飼料等の輸入に際し、国が発行する自由販売証明書の添付を求められる場合があります。

3.自由販売証明書について

 

<添付資料>(添付ファイルは別ウィンドウで開きます。)

お問い合わせ先

消費・安全局畜水産安全管理課
担当者:飼料検査指導班 橋本、愛玩動物用飼料対策班 國分
代表:03-3502-8111(内線4546)
ダイヤルイン:03-6744-2103
FAX:03-3502-8275

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図