ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2015年農林業センサスの実施について


ここから本文です。

プレスリリース

平成27年1月28日

農林水産省

2015年農林業センサスの実施について

 

農林水産省では、平成27年2月1日現在で全国一斉に「2015年農林業センサス」を実施しています。
農林業センサスは、1950年(昭和25年)から5年ごとに実施しており、今回で14回目になる農林業に関する最も基本的な統計調査です。

調査の対象となった皆様におかれましては、御協力をお願いします。

 

1.調査の概要

(1)調査期日

平成27年2月1日現在の状況について調査します。

農林業経営体調査は平成26年12月~平成27年2月に調査を実施しており、農山村地域調査は平成27年4月~6月に、調査を実施します。

(2)調査の目的

農林業センサスは農林業・農山村の動向を都道府県、市区町村、さらに詳細な地域ごとに明らかにして、農林水産省が推進する若者たちが希望を持てるような「チャレンジする農林業経営者」を後押しする施策や「美しく活力ある農山村」を創り、次世代に継承する施策の企画・立案に活用されます。

(3)調査の対象

ア.農林業経営体調査

全国の農家や林家、会社や集落営農など、農林業を営んでいるさまざまな農林業経営体を対象としています。

 

イ.農山村地域調査(農業集落調査)

全国の農業集落を対象としています。

 

(4)調査方法

ア.農林業経営体調査

都道府県の調査員が、調査の対象となっている方にお伺いして調査を行います。

 

イ.農山村地域調査(農業集落調査)

国の調査員が、調査の対象となっている農業集落に精通されている代表者の方にお伺いして調査を行います。

 

(5)調査内容

ア.農林業経営体調査

経営の状態、世帯の状況、労働力、作業の受委託、耕地、農業生産の概況、農産物の販売、経営の多角化、山林・林業作業、素材生産などを調査します。

 

イ.農山村地域調査(農業集落調査)

立地条件、総戸数、総土地面積、寄り合いの開催状況、地域資源の保全、地域活性化のための活動状況などを調査します。

 

2.公表予定

調査結果は、平成27年11月30日までに概要を公表し、その後随時報告書を刊行する予定です。

 

(参考)

農林業センサスに関する情報については、以下のURLをご覧ください。

http://www.maff.go.jp/j/tokei/census/afc2015/index.html

 

お問い合わせ先

大臣官房統計部経営・構造統計課センサス統計室
担当者:農林業センサス統計第1班 加納、鹿野
代表:03-3502-8111(内線3665)
ダイヤルイン:03-3502-5648
FAX:03-5511-7282

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図