ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 「2015年農林業センサス結果の概要(概数値)(平成27年2月1日現在)」の公表について


ここから本文です。

プレスリリース

平成27年11月27日

農林水産省

「2015年農林業センサス結果の概要(概数値)(平成27年2月1日現在)」の公表について

農林水産省は、「2015年農林業センサス結果の概要(概数値)(平成27年2月1日現在)」を取りまとめました。

このことについての森山農林水産大臣のコメントを公表します。

農林水産大臣コメント

1 今回取りまとめた2015年農林業センサスの調査結果において

(1)農業経営体の減少や高齢化が進む中で、法人経営の増加や経営規模の拡大が進展していること

(2)販売農家においては、その約半数で経営方針の決定に女性が関わっていること

(3)農業集落では、地域資源の保全活動の取組が増加しており、地域の活性化のための取組割合も高いこと

などが明らかとなったところです。

 

2 このような農業構造の実態を十分踏まえ、農林水産施策を展開していくことにより、強くて豊かな農林水産業、美しく活力のある農山漁村を創り上げてまいります。

調査の概要

農林業センサスは、我が国の農林業・農山村の生産構造、就業構造等を明らかにすることを目的に、全国のすべての農林業経営体等を調査対象として5年ごとに実施している基幹統計調査であり、我が国の農林行政の推進に必要な基礎資料を提供する調査です。
今回の調査は、東日本大震災後初めて実施したものであり、特に津波被害の大きかった岩手県、宮城県及び福島県における経営体等の状況について「被災3県の概要」として掲載しています。

公表資料

2015年農林業センサス結果の概要(概数値)(平成27年2月1日現在)(1~118ページ)については、以下のURL及びファイルより御覧になれます。

http://www.maff.go.jp/j/tokei/kouhyou/noucen/index.html

 


 

 

お問い合わせ先

大臣官房統計部経営・構造統計課センサス統計室
担当者:加納、鹿野(農林業経営体調査関係)
代表:03-3502-8111(内線3665)
ダイヤルイン:03-3502-5648
FAX:03-5511-7282

大臣官房統計部経営・構造統計課センサス統計室
担当者:須田、小原(農山村地域調査関係)
代表:03-3502-8111(内線3667)
ダイヤルイン:03-6744-2256
FAX:03-5511-7282

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図