ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 「ASEAN+3農業統計担当局長会合」の開催について


ここから本文です。

プレスリリース

平成24年3月7日

農林水産省

「ASEAN+3農業統計担当局長会合」の開催について

平成24年3月14日(水曜日)に東京で「ASEAN+3農業統計担当局長会合」を開催いたします。

会議は非公開ですが、冒頭のカメラ撮影は可能です。

概要

ASEAN食料安全保障情報システム(AFSIS※1)プロジェクトにおいては、ASEAN地域の食料安全保障の確保に必要な農業統計の整備等に係る重要事項について議論することを目的に、ASEAN+3農業統計担当局長会合を概ね2年に一度開催しています。今次会合では、昨年10月に開催されたASEAN+3農林大臣会合(AMAF+3(※2))において、我が国が支援するプロジェクトからの自立化推進及び新たな課題への対応からなる、AFSISの2013年以降の基本的方向が承認されたことから、今後の具体的な活動等について議論します。 

※1:ASEAN Food Security Information System

※2:ASEAN Ministers on Agriculture and Forestry Plus Three (「 Plus Three」は日本、中国、韓国を指す)

AFSISプロジェクトとは

AFSISプロジェクトは、AMAF+3の合意の下で、ASEAN地域の食料安全保障の強化を図るため、域内各国の農業統計情報を整備・集約し、ASEAN+3緊急米備蓄(APTERR※3)や各国の政策立案に資するために提供することを目的としたプロジェクトです。我が国は唯一のドナーとして財政的・技術的支援を行っています。  

※3:ASEAN Plus Three Emergency Rice Reserve

開催日時及び場所

日時:平成24年3月14日(水曜日) 9時30分~17時30分

会場:京王プラザホテル 本館42階「富士」

所在地:東京都 新宿区 西新宿2-2-1

主催者:AFSIS事務局(農林水産省 大臣官房 統計部が実施支援)

主な議題

参加国・機関

ブルネイ、カンボジア、インドネシア、ラオス、マレーシア、ミャンマー、フィリピン、シンガポール、タイ、ベトナム、日本、中国、韓国、国際連合食糧農業機関(FAO)、アジア開発銀行 等 

我が国の出席者

齊藤 昭 統計部長ほか

お問い合わせ先

大臣官房統計部統計企画管理官
担当者:海外協力班 池田、保坂
代表:03-3502-8111(内線3586)
ダイヤルイン:03-3502-8092
FAX:03-3501-9644

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図