ホーム > 報道発表資料 > 平成20年産水稲の作柄表示地帯別10a当たり平年収量について


ここから本文です。

プレスリリース

平成20年7月4日

農林水産省

平成20年産水稲の作柄表示地帯別10a当たり平年収量について

 平成20年3月17日に公表した平成20年産水稲の都道府県別10a当たり平年収量の内訳として、作柄表示地帯別10a当たり平年収量を別紙のとおり決定しましたのでお知らせします。

概要

平成20年産水稲の都道府県別10a当たり平年収量は、前年産と比べ収量水準の高い品種の作付割合が増加したことや、低収量地帯の作付割合が減少していることが主な要因で6県が引き上げとなり、温暖化によるマイナスの影響や、収量水準のやや低い品種の作付割合が増加したことが主な要因で4県が引き下げとなった。よって、全国では1kg引き上げの530kgとなっている(3月17日公表)。

今回、作柄表示地帯別10a当たり平年収量については、都道府県別の値を基に、当該地帯における生産事情を総合的に検討した結果、全国142地帯のうち14地帯で引き上げ、15地帯で引き下げとなった。

 

水稲の作柄表示地帯別10a当たり平年収量とは

作柄表示地帯別の10a当たり平年収量は、都道府県別の10a当たり平年収量を基に、各作柄表示地帯の品種構成や作付地域の変化等の生産事情を検討し定めるものである。

また、「作柄表示地帯」とは、水稲収穫量調査結果の提供及び利用のため、地域行政上必要な水稲の作柄を表示する区域として、都道府県内を水稲の生産力(地形、気象、栽培品種等)により分割したものである。

 

[参考]水稲10a当たり平年収量の主な利活用

  

<添付資料>(添付ファイルは別ウィンドウで開きます。)

お問い合わせ先

大臣官房統計部生産流通消費統計課 
担当者:解析班・進藤(課長補佐)、瀬戸口
代表:03-3502-8111(内線3683)
ダイヤルイン:03-3502-5670
FAX:03-5511-8771

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図