このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

ばれいしょの技術情報のページ

ばれいしょの基本的な栽培技術(PDF : 554KB)

ばれいしょの実用化技術情報(外部リンク)

  作業別: 土作り 植付・収穫 培土 施肥 病害虫防除 品種
 

  • ばれいしょの実用化技術情報のリスト(URLは外部リンクです。)
◆土作り
番号 技術の分類 導入効果 技術名 技術の特徴 問い合わせ先
名称 電話番号
1 栽培技術 農業の持続可能性の向上 農地の排水性を改良する低コストな補助暗きょ工法(カッティングソイラ工法) ○農地の排水性を改良する低コストな補助暗きょ工法(カッティングソイラ工法)
たい肥等の有機物を簡易に心土に投入することで、生産性の高い土壌に改良する低コスト工法。
農研機構 農村工学研究所・企画管理部情報広報課 029-838-8169
http://www.affrc.maff.go.jp/docs/pdf/2012.pdf
2 情報管理 農業の持続可能性の向上 RTK-GPSを用いた圃場面の省力・高精度均平化技術 ○RTK-GPSを用いた圃場面の省力・高精度均平化技術
効率的な機械等による作業体系の導入を可能とするうえで、圃場面の均平化は不可欠な条件。
RTK(Real Time Kinematic)-GPS測位技術を活用した精密農業の展開によって、農作業等の 省力・軽労化の実現と生産コストの大幅削減につなげる。
農研機構 農村工学研究所 029-838-8193
http://www.affrc.maff.go.jp/docs/project/genba/pdf/140416.pdf
3 農機具 労働費の軽減 バレイショ等のほ場で効率良く除礫が可能な高能率石礫除去機 ○バレイショ等のほ場で効率良く除礫が可能な高能率石礫除去機
回転ふるい方式の既存機よりもけん引抵抗が小さく、広い作業幅で高速作業ができるコンベア方式の石礫除去機。既存機に比べ、時間当たりの作業能率が約2倍になり、全長が短く小回りが効く。
農研機構 農業技術革新工学研究センター (代表)048-654-7000
http://www.naro.affrc.go.jp/project/results/laboratory/brain/2011/600a0_01_60.html

◆植付・収穫
番号 技術の分類 導入効果 技術名 技術の特徴 問い合わせ先
名称 電話番号
4 栽培技術 労働費の軽減 ソイルコンディショニング栽培 ○ソイルコンディショニング栽培
あらかじめ作土から石・れき・土塊等を取り除き、うね立てした上で播種することで、緑化や打撲の少ない高品質なばれいしょが生産する技術。収穫作業の投下労働時間が削減。
北海道立十勝農業試験場・技術体系化チーム、北海道立北見農業試験場・技術体系化チーム 0155-62-9805
https://www.hro.or.jp/list/agricultural/research/tokachi/info/seminar/sem2009月10日.pdf

◆培土
番号 技術の分類 導入効果 技術名 技術の特徴 問い合わせ先
名称 電話番号
5 栽培技術 農業の持続可能性の向上 早期培土 ○早期培土
慣行栽培に対して、培土作業時間及び収穫作業時間が減少し、省力化及び生産性が向上。
北海道立十勝農業試験場・生産研究部 栽培システム科、栽培環境科 0155-62-2431
https://www.hro.or.jp/list/agricultural/center/kenkyuseika/panf/22/18.pdf

◆施肥
番号 技術の分類 導入効果 技術名 技術の特徴 問い合わせ先
名称 電話番号
6 土壌検診 農業の持続可能性の向上 畑土壌の可給態窒素の簡易迅速評価法 ○畑土壌の可給態窒素の簡易迅速評価法
畑土壌の可給態窒素は、約1ヶ月を要する培養法で測定されるが、80℃16時間水抽出法で 抽出される有機物(有機態炭素)量を量ることで、2日間で迅速に推定できる方法。
COD簡易測定キットを用い生産現場で活用できる安価な簡易評価法。
農研機構 中央農業総合研究センター・土壌肥料研究領域 029-838-8826
http://www.affrc.maff.go.jp/docs/project/genba/pdf/140111.pdf
7 土壌検診 農業の持続可能性の向上 安全・簡便・低コストな畑土壌中リン酸の現場型測定法 ○安全・簡便・低コストな畑土壌中リン酸の現場型測定法
畑土壌に蓄積したリン酸を評価し、リン酸減肥に活かすため、現場で実施できる測定法。底面積の大きい抽出容器を用い土壌を薄い層にすることで、振とうを行わなくても畑土壌中の 水溶性リン酸を効果的に抽出することが可能。
その抽出液は、市販のリン酸簡易測定キットと簡易吸光度計を用いて、一定の精度を保ち ながら、安全・簡便・低コストに分析することが可能。
農研機構 中央農業総合研究センター 029-838-8829
http://www.affrc.maff.go.jp/docs/project/genba/pdf/140110.pdf

◆病害虫防除
番号 技術の分類 導入効果 技術名 技術の特徴 問い合わせ先
名称 電話番号
8 土壌検診 農業の持続可能性の向上 ジャガイモシストセンチュウの簡易土壌検診 ○ジャガイモシストセンチュウの簡易土壌検診
透明プラスチックカップに検診用土壌と種いもを入れ、50~60日程度培養し、種いもの発根を促進させると、汚染土壌では本センチュウの雌成虫が出現し判別することが可能となる簡易な土壌検診技術。
農研機構北海道農業研究センター・企画管理部情報広報課 011-857-9260
http://www.affrc.maff.go.jp/docs/pdf/2009.pdf
9 栽培技術 農業の持続可能性の向上 土壌凍結深の制御による野良イモ対策技術 ○土壌凍結深の制御による野良イモ対策技術
土を凍らせる雪割り作業を、気象情報を活用した土壌凍結深予測システムに基づいてスケジュールを決定して、圃場の野良イモを凍結腐敗させる凍結深30cm以上に制御。
農研機構北海道農業研究センター・企画管理部情報広報課 011-857-9260
http://www.affrc.maff.go.jp/docs/useful_recent/pdf/01imo.pdf

◆品種
番号 技術の分類 導入効果 技術名 技術の特徴 問い合わせ先
名称 電話番号
10 品種 農業の持続可能性の向上 はるか ○はるか(生食用品種)
白肉で、食味が良く、水煮適性が優れ、サラダおよびコロッケ加工適性もある中生の生食用品種。目の周りが赤い外観を呈し、「男爵薯」よりも多収で、ジャガイモシストセンチュウ抵抗性がある。青枯病にもやや強い。
農研機構北海道農業研究センター・情報広報課 011-857-9260
http://www.affrc.maff.go.jp/docs/useful_recent/pdf/hoku_6.pdf
11 品種 農業の持続可能性の向上 ながさき黄金 ○ながさき黄金(生食用品種)
 ・抗酸化力が強い色素「カロテノイド」の一種で、白内障などの眼病予防への効果が期待される機能性成分「ゼアキサンチン」「ルテイン」を多く含み、ジャガイモシストセンチュウ等の病害虫に強い品種。
長崎県農林技術開発センター・研究企画部門研究企画室 0957-26-3330
https://www.pref.nagasaki.jp/e-nourin/nougi/info/newspaper/nagasaki20160124_mori.html
12 品種 農業の持続可能性の向上 きたかむい (HP01) ○きたかむい (HP01)(加工用品種)
ジャガイモシストセンチュウの抵抗性を持ち、多収で食味が良い加工用品種。
ホクレン農業総合研究所・恵庭研究農場 0123-36-3356
http://www.hro.or.jp/list/agricultural/center/kenkyuseika/gaiyosho/h19gaiyo/f0/2007010.pdf
13 品種 農業の持続可能性の向上 ぽろしり ○ぽろしり(加工用品種)
ジャガイモシストセンチュウ抵抗性およびそうか病抵抗性を持つポテトチップ用品種。
カルビーポテト(株) 0155-53-4141
http://www.calbee.co.jp/newsrelease/150806.php
14 品種 農業の持続可能性の向上 コナユタカ (北育20号) ○コナユタカ (北育20号)(でん粉原料用品種)
ジャガイモシストセンチュウ抵抗性を持ち、でん粉原料用ばれいしょの主力品種でジャガイモシストセンチュウ抵抗性を持たない「コナフブキ」よりも多収量な品種。
北海道立北見農試・作物育種グループ(馬鈴しょ) 0157-47-2149
http://www.hro.or.jp/list/agricultural/center/kenkyuseika/gaiyosho/26/f0/02.pdf
15 品種 農業の持続可能性の向上 パールスターチ (北海105号) ○パールスターチ (北海105号)(でん粉原料用品種)
ジャガイモシストセンチュウとジャガイモYウイルスの抵抗性を持ち、多収のでん粉原料用品種。
農研機構北海道農業研究センター・情報広報課 011-857-9260
https://www.naro.affrc.go.jp/project/results/laboratory/harc/2014/14_063.html
16 品種 農業の持続可能性の向上 コナヒメ (HP07) ○コナヒメ (HP07)(でん粉原料用品種)
ジャガイモシストセンチュウ抵抗性を持ち、熟期が現在のでん粉原料用ばれいしょの主力品種でジャガイモシストセンチュウ抵抗性を持たない「コナフブキ」と同等の品種。
ホクレン農業総合研究所・恵庭研究農場
0123-36-3356
http://www.hro.or.jp/list/agricultural/center/kenkyuseika/gaiyosho/28/f0/03.pdf

お問合せ先

政策統括官付地域作物課

代表:03-3502-8111(内線4841)
ダイヤルイン:03-3502-5963
FAX番号:03-3593-2608