このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

キャベツの技術情報のページ

キャベツの基本的な栽培技術(PDF : 511KB)

キャベツの実用化技術情報(外部リンク)

 ◆作業別: ほ場準備 播種・育苗 収穫
 ▲技術別: 農機具 栽培技術 生産資材
 ●導入効果別: 作業の省力化 高品質・収量増加 低コスト化 栽培規模の拡大

 

  • キャベツの実用化技術情報のリスト(URLは外部へのリンクとなっております。)
◆ほ場準備
番号 技術の分類 導入効果 技術名 技術の特徴 問い合わせ先
名称 電話番号
1 農機具 低コスト化
作業の省力化
肥料を大幅に削減できる露地野菜向け部分施肥技術 ○うね立て作業と同時に、肥料をうね中央部に限定して施用する技術
慣行施肥量から30%削減しても、慣行と同等の品質・収量を確保できる
移植前の作業工程が簡略化される
施肥量が削減され、生産コストと環境への負荷を大幅に低減できる
農研機構
東北農業研究センター
産学連携室広報チーム
019-643-3414
露地野菜グループ
019-641-7136
http://www.affrc.maff.go.jp/docs/pdf/2009/農業新技術2009.pdf ※5ページ参照
2 栽培技術 高品質・収量増加 AM菌非宿主作物の後作・間作への緑肥導入による次作物の収量の改善 ○緑肥の導入により、リン吸収を促進するアーバスキュラー菌根菌(AM菌)の密度の低下を改善する技術
キャベツの収穫後に緑肥(AM菌宿主)を導入することにより、次作物のAM感染菌、収量を高めることができる
リン栄養を考慮した作付順序の決定、緑肥の種類の選定に活用できる
農研機構
中央農業研究センター
土壌肥料研究領域
029-838-8828
http://www.affrc.maff.go.jp/docs/project/genba/pdf/140122.pdf
3 栽培技術 低コスト化 植物(緑肥)の機能を利用したリン酸施肥の削減 ○土壌に蓄積し、多くの作物が利用できない難溶性や有機態などのリンを、植物等が有する機能を生かして利用する技術
各種緑肥作物の中から、次に栽培する作物へのリン給源として利用されやすいものを選定することで、リン酸施肥を減らすことができる
農研機構
中央農業研究センター
土壌肥料研究領域
029-838-8828
http://www.affrc.maff.go.jp/docs/project/genba/pdf/140123.pdf
4 生産資材 低コスト化 ブロイラー鶏ふん堆肥に尿素を添加したペレット肥料 ○鶏ふん堆肥を活用し、低コストで化学肥料並の取り扱いが可能な鶏ふん肥料
リン酸やカリが既に蓄積しているほ場での利用に適し、環境への負荷を低減する
ブロードキャスターのほか、畦内部分施肥機などの省力機械でも精度良く散布できる
岩手県農業研究センター 0197-68-4422
http://www.affrc.maff.go.jp/docs/project/genba/pdf/140102.pdf

◆播種・育苗
番号 技術の分類 導入効果 技術名 技術の特徴 問い合わせ先
名称 電話番号
1 栽培技術 低コスト化 セル内リン酸施肥によるキャベツの減肥栽培技術 ○セル育苗培土にリン酸肥料を混合することで、肥料コストを削減する技術
リン酸施肥量が50%以上削減できる
肥料コストが3割以上削減できる
慣行施肥法と同等の収量を得られる
農研機構
野菜花き研究部門
企画連携室
029-838-6599
生産環境ユニット
029-838-7312
http://www.affrc.maff.go.jp/docs/project/genba/pdf/140116.pdf


◆収穫
番号 技術の分類 導入効果 技術名 技術の特徴 問い合わせ先
名称 電話番号
1 農機具 作業の省力化
栽培規模の拡大
機上調製作業と大型コンテナ収容方式を特長とする高能率キャベツ収穫機 ○手作業による収穫作業を機械化し、機上での選別・調製作業と大型コンテナに収容する方式を採用した高能率収穫機
従来の作業体系と比べて単位面積当たりの労働時間を大幅に削減できることから、生産規模の大幅な拡大が可能となる
機上で選別・調製作業を行い、不要な外葉をほ場に廃棄しながら作業が可能となる
農研機構
農業技術革新工学研究センター
連携推進室
048-654-7030
http://www.affrc.maff.go.jp/docs/pdf/kyabetsu.pdf

▲農機具
番号 技術の分類 導入効果 技術名 技術の特徴 問い合わせ先
名称 電話番号
1 農機具 作業の省力化
栽培規模の拡大
機上調製作業と大型コンテナ収容方式を特長とする高能率キャベツ収穫機 ○手作業による収穫作業を機械化し、機上での選別・調製作業と大型コンテナに収容する方式を採用した高能率収穫機
従来の作業体系と比べて単位面積当たりの労働時間を大幅に削減できることから、生産規模の大幅な拡大が可能となる
機上で選別・調製作業を行い、不要な外葉をほ場に廃棄しながら作業が可能となる
農研機構
農業技術革新工学研究センター
連携推進室
048-654-7030
http://www.affrc.maff.go.jp/docs/pdf/kyabetsu.pdf
2 農機具 低コスト化
作業の省力化
肥料を大幅に削減できる露地野菜向け部分施肥技術 ○うね立て作業と同時に、肥料をうね中央部に限定して施用する技術
慣行施肥量から30%削減しても、慣行と同等の品質・収量を確保できる
移植前の作業工程が簡略化される
施肥量が削減され、生産コストと環境への負荷を大幅に低減できる
農研機構
東北農業研究センター
産学連携室広報チーム
019-643-3414
露地野菜グループ
019-641-7136
http://www.affrc.maff.go.jp/docs/pdf/2009/農業新技術2009.pdf ※5ページ参照

▲栽培技術
番号 技術の分類 導入効果 技術名 技術の特徴 問い合わせ先
名称 電話番号
1 栽培技術 高品質・収量増加 AM菌非宿主作物の後作・間作への緑肥導入による次作物の収量の改善 ○緑肥の導入により、リン吸収を促進するアーバスキュラー菌根菌(AM菌)の密度の低下を改善する技術
キャベツの収穫後に緑肥(AM菌宿主)を導入することにより、次作物のAM感染菌、収量を高めることができる
リン栄養を考慮した作付順序の決定、緑肥の種類の選定に活用できる
農研機構
中央農業研究センター
土壌肥料研究領域
029-838-8828
http://www.affrc.maff.go.jp/docs/project/genba/pdf/140122.pdf
2 栽培技術 低コスト化 植物(緑肥)の機能を利用したリン酸施肥の削減 ○土壌に蓄積し、多くの作物が利用できない難溶性や有機態などのリンを、植物等が有する機能を生かして利用する技術
各種緑肥作物の中から、次に栽培する作物へのリン給源として利用されやすいものを選定することで、リン酸施肥を減らすことができる
農研機構
中央農業研究センター
土壌肥料研究領域
029-838-8828
http://www.affrc.maff.go.jp/docs/project/genba/pdf/140123.pdf
3 栽培技術 低コスト化 セル内リン酸施肥によるキャベツの減肥栽培技術 ○セル育苗培土にリン酸肥料を混合することで、肥料コストを削減する技術
リン酸施肥量が50%以上削減できる
肥料コストが3割以上削減できる
慣行施肥法と同等の収量を得られる
農研機構
野菜花き研究部門
企画連携室
029-838-6599
生産環境ユニット
029-838-7312
http://www.affrc.maff.go.jp/docs/project/genba/pdf/140116.pdf

▲生産資材
番号 技術の分類 導入効果 技術名 技術の特徴 問い合わせ先
名称 電話番号
1 生産資材 低コスト化 ブロイラー鶏ふん堆肥に尿素を添加したペレット肥料 ○鶏ふん堆肥を活用し、低コストで化学肥料並の取り扱いが可能な鶏ふん肥料
リン酸やカリが既に蓄積しているほ場での利用に適し、環境への負荷を低減する
ブロードキャスターのほか、畦内部分施肥機などの省力機械でも精度良く散布できる
岩手県農業研究センター 0197-68-4422
http://www.affrc.maff.go.jp/docs/project/genba/pdf/140102.pdf


●作業の省力化
番号 技術の分類 導入効果 技術名 技術の特徴 問い合わせ先
名称 電話番号
1 農機具 作業の省力化
栽培規模の拡大
機上調製作業と大型コンテナ収容方式を特長とする高能率キャベツ収穫機 ○手作業による収穫作業を機械化し、機上での選別・調製作業と大型コンテナに収容する方式を採用した高能率収穫機
従来の作業体系と比べて単位面積当たりの労働時間を大幅に削減できることから、生産規模の大幅な拡大が可能となる
機上で選別・調製作業を行い、不要な外葉をほ場に廃棄しながら作業が可能となる
農研機構
農業技術革新工学研究センター
連携推進室
048-654-7030
http://www.affrc.maff.go.jp/docs/pdf/kyabetsu.pdf
2 農機具 低コスト化
作業の省力化
肥料を大幅に削減できる露地野菜向け部分施肥技術 ○うね立て作業と同時に、肥料をうね中央部に限定して施用する技術
慣行施肥量から30%削減しても、慣行と同等の品質・収量を確保できる
移植前の作業工程が簡略化される
施肥量が削減され、生産コストと環境への負荷を大幅に低減できる
農研機構
東北農業研究センター
産学連携室広報チーム
019-643-3414
露地野菜グループ
019-641-7136
http://www.affrc.maff.go.jp/docs/pdf/2009/農業新技術2009.pdf ※5ページ参照


●高品質・収量増加
番号 技術の分類 導入効果 技術名 技術の特徴 問い合わせ先
名称 電話番号
1 栽培技術 高品質・収量増加 AM菌非宿主作物の後作・間作への緑肥導入による次作物の収量の改善 ○緑肥の導入により、リン吸収を促進するアーバスキュラー菌根菌(AM菌)の密度の低下を改善する技術
キャベツの収穫後に緑肥(AM菌宿主)を導入することにより、次作物のAM感染菌、収量を高めることができる
リン栄養を考慮した作付順序の決定、緑肥の種類の選定に活用できる
農研機構
中央農業研究センター
土壌肥料研究領域
029-838-8828
http://www.affrc.maff.go.jp/docs/project/genba/pdf/140122.pdf


●低コスト化
番号 技術の分類 導入効果 技術名 技術の特徴 問い合わせ先
名称 電話番号
1 農機具 低コスト化
作業の省力化
肥料を大幅に削減できる露地野菜向け部分施肥技術 ○うね立て作業と同時に、肥料をうね中央部に限定して施用する技術
慣行施肥量から30%削減しても、慣行と同等の品質・収量を確保できる
移植前の作業工程が簡略化される
施肥量が削減され、生産コストと環境への負荷を大幅に低減できる
農研機構
東北農業研究センター
産学連携室広報チーム
019-643-3414
露地野菜グループ
019-641-7136
http://www.affrc.maff.go.jp/docs/pdf/2009/農業新技術2009.pdf ※5ページ参照
2 栽培技術 低コスト化 セル内リン酸施肥によるキャベツの減肥栽培技術 ○セル育苗培土にリン酸肥料を混合することで、肥料コストを削減する技術
リン酸施肥量が50%以上削減できる
肥料コストが3割以上削減できる
慣行施肥法と同等の収量を得られる
農研機構
野菜花き研究部門
企画連携室
029-838-6599
生産環境ユニット
029-838-7312
http://www.affrc.maff.go.jp/docs/project/genba/pdf/140116.pdf
3 栽培技術 低コスト化 植物(緑肥)の機能を利用したリン酸施肥の削減 ○土壌に蓄積し、多くの作物が利用できない難溶性や有機態などのリンを、植物等が有する機能を生かして利用する技術
各種緑肥作物の中から、次に栽培する作物へのリン給源として利用されやすいものを選定することで、リン酸施肥を減らすことができる
農研機構
中央農業研究センター
土壌肥料研究領域
029-838-8828
http://www.affrc.maff.go.jp/docs/project/genba/pdf/140123.pdf
4 生産資材 低コスト化 ブロイラー鶏ふん堆肥に尿素を添加したペレット肥料 ○鶏ふん堆肥を活用し、低コストで化学肥料並の取り扱いが可能な鶏ふん肥料
リン酸やカリが既に蓄積しているほ場での利用に適し、環境への負荷を低減する
ブロードキャスターのほか、畦内部分施肥機などの省力機械でも精度良く散布できる
岩手県農業研究センター 0197-68-4422
http://www.affrc.maff.go.jp/docs/project/genba/pdf/140102.pdf


●栽培規模の拡大
番号 技術の分類 導入効果 技術名 技術の特徴 問い合わせ先
名称 電話番号
1 農機具 作業の省力化
栽培規模の拡大
機上調製作業と大型コンテナ収容方式を特長とする高能率キャベツ収穫機 ○手作業による収穫作業を機械化し、機上での選別・調製作業と大型コンテナに収容する方式を採用した高能率収穫機
従来の作業体系と比べて単位面積当たりの労働時間を大幅に削減できることから、生産規模の大幅な拡大が可能となる
機上で選別・調製作業を行い、不要な外葉をほ場に廃棄しながら作業が可能となる
農研機構
農業技術革新工学研究センター
連携推進室
048-654-7030
http://www.affrc.maff.go.jp/docs/pdf/kyabetsu.pdf

お問合せ先

生産局園芸作物課

代表:03-3502-8111(内線4821)
ダイヤルイン:03-6738-7423
FAX番号:03-3502-0889