このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

TRY-GAP!!


ページイメージ画像 

GAP(ギャップ)の取組やメリット等を学び、GAPに取組んでみましょう。

1.GAP(農業生産工程管理)とは

GAP(農業生産工程管理)とは、「Good Agricultural Practice」の略で、「よい農業の実践」という意味です。

農産物の生産で最も重要なことは、食品としての安全を確保することです。
「食品の安全」だけでなく、「環境の保全」、「生産者の安全」、「人権の保護」、等に関する取組を行うことで、持続可能な農業生産につながります。
GAPは、これらの取組状況を記録簿や掲示物によって確認・表示しながら、農業活動を改善することで、より良い農業経営を実現する取組です。

GAPに取組むメリット

GAPの取組により、異物混入や農作業事故を防ぐとともに、農作業の効率化も図ることが出来、農業経営の改善が見込めます。
また、小売業等の実需者からのGAP認証農産物を求める声が高まっており、今後、取引先の拡大も見込まれます。

【参考】GAPの優良取組事例

GAPの考え方と取組

ステップ1:基本の整理整頓から

みなさんがこれまでにも取り組んできた整理整頓や、生産履歴の記帳が基本です。

try-gap-1.jpg

ステップ2:農場内を点検し、問題点を改善!

 農業生産の中で問題点を見つけたら、必要な対策を考えそれを実施しその内容を記録・点検し継続的に改善をしていきましょう!

食品安全

食品安全のイメージ画像

  • 包装資材のそばに灯油などの汚染の原因となるものを置かない
  • 来訪者への衛生指示、喫煙所・トイレの設置  など

<日頃の取組>
異物混入の防止、農薬の適正使用と保管

環境保全

環境保全のイメージ画像

  • 農薬空容器などは分別して処分
  • 水の使用量把握と節水対策  など

<日頃の取組>
適切な施肥、土壌浸食の防止、廃棄物別の適正処理・利用 

労働安全

労働安全のイメージ画像

  • 危険箇所の確認・掲示
  • 事故防止の作業手順作成  など

<日頃の取組>
機械・設備の点検・整備、作業安全の保護具の着用

人権保護

人権保護のイメージ画像

  • 家族経営協定の締結
  • 技能実習生の作業条件遵守  ほか

<日頃の取組>
強制労働の禁止、労働力の適切な確保、労働条件の提示及び遵守 


このほかに、「農場経営管理」などの取組もあります。
詳しくは、こちら

2.オンライン研修「これから始めるGAP」

農業者の方をはじめとする多くの方にGAPについて知っていただくきっかけとなるよう、GAPの基礎を無料で学べるオンライン研修を開設しております。
研修終了後の「理解度確認テスト」を合格されると「修了証」が発行されます。
この「修了証」は、環境保全型農業直接支払交付金」の支援対象車が提出する、国際水準GAPに関する研修等を受講したことを証明する書類として使うことが出来ます。

これから始めるGAPイメージロゴ
(外部リンク)

その他、GAPに係る情報は、こちら

 

3.GAPに取り組む際のお問い合わせ先

実際にGAPに取り組む際は、GAP指導員の知見がある都道府県の普及員やJAの営農指導員にお問い合わせください。
また、認証取得に対する補助事業も用意しております。

4.GAP認証取得にTRYしてみましょう!!!

GAPの取組を証明する方法として、第三者の審査を受けてGAP認証を取得する方法があります。
現在の主なGAP認証は、GLOBALG.A.P.、ASIAGAP、JGAPの3種類があります。
なお、取得するGAP認証の種類は、取引先の要望及び自らの経営方針に沿って決定してください。

ここでは、GAP認証を取得するために、審査を受けるための準備から、認証取得までの手順を紹介します。
また、認証審査を行う審査会社も紹介しています。

認証取得までの流れ(例)

1.認証取得に向けた事前準備

普及指導員・営農指導員等による指導を受けて準備を進めましょう。

〇  主な取組内容

  • 取得するGAP認証の基準書の内容を習得しましょう。
  • 作業内容等を記帳・記録し残しましょう。
  • 日頃の取組内容の実施と改善を行いましょう。

2.審査会社による審査

審査会社へは、事前の審査予約が必要です。(※審査会社が大変混み合う場合がありますので、早めの相談をおすすめします。)

  • 審査員が現地において、必要書類や生産現場での取組状況を確認します。
  • 審査時に不適合の指摘を受けた場合、決められた期間内に是正報告を行ってください。
           

3.認証取得

  • 2の審査を経て、基準書との適合が確認されると認証を取得できます。
  • 認証を取得するまで、事前準備から平均半年~1年程度かかります。

 第三者認証GAPの種類と審査会社

審査を受けるには、事前に審査会社に予約が必要となります。
また、審査には審査費用が必要になります。
審査費用については、各審査会社にお問い合わせください。

 GAP認証  GLOBALG.A.P. ASIAGAP、JGAP 
 運営主体  FoodPLUSGmbH(ドイツ) 一般財団法人GAP日本協会 
 審査会社  ・テュフズードジャパン(東京都)
 ・インターテック・サーティフィケーション(東京都)
 ・SGSジャパン(神奈川県)
   いずれも外資系日本法人
(日本人審査員がいない会社が他に2社あり)
 ・北海道有機認証・GAP認証センター(北海道)
 ・インターテック・サーティフィケーション(東京都)
 ・日本能率協会審査登録センター(東京都)
 ・S&Sサーティフィケーション(東京都)
 ・ビューローベリタスジャパン(神奈川県)

 GAP関係団体、審査会社のリンクは、こちら

5.GAPパートナー

GAP認証農産物を取り扱う意向のある実需者「GAPパートナー」を紹介します。
GAP認証農産物を求める実需者は、増加傾向にあります。
農林水産省では、都道府県と連携し「GAPパートナー」と生産者のマッチングをお手伝いしています。

  • 株式会社 イトーヨーカ堂
  • 株式会社 神明
  • イオン
  • 株式会社 リンガーハット
  • 日本コカ・コーラ株式会社
  • 株式会社 ローソン
  • 株式会社 伊藤園
  • ワタミ株式会社
  • 株式会社 エプロン
  • 株式会社 グランイート・・・・and more

    GAPパートナーの詳しい情報は、こちら

【参考】GAPの優良取組事例

継続的なGAPの取組は、経営の改善等に効果があります。
ここでは、GAP認証取得・継続した、優良な取組事例を紹介いたします。 

優良取組事例

平成30年度未来につながる持続可能な農業推進コンクール受賞者

GAPに取り組み、安定的な周年栽培

斉藤農場
斉藤農場さんの画像

  • GAP認証:ASIAGAP
  • 認証品目:こまつな
  • こまつなの安定的な周年栽培を目指すため、GAPに取り組み、平成25年にJGAPを、平成29年にASIAGAP認証を取得。
    GAPで求められる栽培計画の策定、作業記録を元に、効率的な農作業を行い、経営規模を拡大し収穫量が増加。
    外国人技能実習生の受入に際し、母国語表記の指示書の作成等労働環境の改善や未然の事故を防止。

詳しくは、こちら(PDF:155KB)

農福連携と、世界水準の野菜生産

リッチフィールド株式会社
リッチフィールドさんの画像

  • GAP認証:GLOBALG.A.P.
  • 認証品目:トマト、パプリカ、ケール、ルッコラ、からし菜 等
  • 世界水準の野菜生産を目指し、平成25年にGLOBALG.A.P.の認証を取得。
    農福連携の取組として、継続的なGAPの取組による、作業分担の細分化を行うなど、各人の自立に向けた運動に寄与。
    異業種の取組を導入し、経費の節減及び事故防止に貢献。

詳しくは、こちら(PDF:216KB)

平成29年度未来につながる持続可能な農業推進コンクール受賞者

GAPで農場を管理し、経営拡大

(有)穂海農耕
穂海農耕さんの画像

  • GAP認証:ASIAGAP
  • 認証品目:米
  • 異業種から新規就農と同時にGAPの取組を導入、平成18年にJGAPを、平成29年にASIAGAPの認証を取得。
    GAPで求められる栽培計画の策定、作業記録の記帳、実績評価をITを活用し効率的に行い、農業機械の効率的な利用、農薬費をはじめとする諸経費の削減及び経営面積の拡大を行うなど、効率的な経営を実現。

詳しくは、こちら(PDF:179KB)

 

GAPで震災から復興した果樹園経営

(有)まるせい果樹園
まるせい果樹園さんの画像

  • GAP認証:GLOBALG.A.P.、ASIAGAP
  • 認証品目:さくらんぼ、もも、りんご、かき、ぶどう、西洋なし、日本なし
  • 東日本大震災以降、農産物の安全性をPRする手段としてGAPに取組み、平成25年にJGAPを、平成28年にGLOBALG.A.P.、平成29年にASIAGAPの認証を取得。
    福島第一原発事故による風評被害により売上が低迷(前年比54%)、GAP認証取得により、安全性が担保され、震災前を上回る規模まで売上回復。
    また、GAPの取組は、社員の教育の手段としても有効。

詳しくは、こちら(PDF:213KB)

その他の優良事例や、地域の取組事例等は、こちら

お問合せ先

生産局農業環境対策課

担当者:GAP推進グループ
代表:03-3502-8111(内線4852)
ダイヤルイン:03-6744-7188
FAX番号:03-3502-0869

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader