このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

民間企業・団体等との連携先リスト


農業者や農業現場の抱える技術的課題の解決に当たっては、技術・ノウハウを有する多様な関係者がそれぞれの得意分野を活かし、協力して取り組んでいくことが重要です。
そこで、農業者の農業技術や経営の向上を支援する都道府県職員の普及指導員等と連携して活動できる民間企業・団体等の情報を、連携先リストとして整理しましたので御紹介いたします。
普及指導員等の皆様から、直接、掲載の連絡先に技術内容やサービスについて御相談いただけます。

1.ロボット関係

【協力企業等】
協力企業等の詳細内容はこちら(普及組織に対するサービスの詳細等も掲載)(PDF : 465KB)

(概要一覧)
企業・団体名 事業内容、製品・技術の紹介 連絡先
(株)イノフィス 【商品紹介】
商品名:腰補助用マッスルスーツⓇ
概要
 ・農作業での身体の負担を軽減する装着型のアシストスーツ
 ・細かな設定が不要で、誰でも装着10秒ですぐに現場で使用可能
 ・空気圧式の人工筋肉を活用し、空気の力で25~35kgfのアシスト力を実現
 ・作業時に腰にかかる負担を大幅に減らし、腰痛予防や作業効率をアップ
想定作業
(ア)中腰姿勢を維持した作業(定植、収穫、雑草取、検品など)
(イ)重量物(収穫物入りのコンテナや袋など)の移動
(ウ)腰を使った繰り返し作業(スコップ作業、除雪、パレット間のコンテナ移動など)
担当部署:事業部
担当者:朝緑(あさみどり)
TEL:03-5225-1083
FAX:03-3260-3400
(株)コムテック ■畜産農家様向けにスマホやパソコンで簡単に発情発見がおこなえる「牛歩」の提供。 代表取締役笹栗康
TEL:0984-25-6070
CYBERDYNE(株) ■農作業中の作物、農機具等の持ち上げ下げ、中腰姿勢などによる腰部への負荷を低減するHAL腰タイプ作業支援用の提供。作業現場の労働環境改善や労働災害防止への活用が期待できます。 営業部門
TEL:029-869-8448
パワーアシストインターナショナル(株) ■和歌山大学ベンチャで、パワーアシストスーツを研究開発し、製造と販売を開始します。
このパワーアシストスーツは、装着して力をアシストするロボットであります。
装着者の動作を補助し、力の負担を軽減しますので、農作業が楽になります。
収穫コンテナなどの持ち上げや持ち下げ作業において、腰の負担を軽減し、楽になります。
定植作業などでの前かがみ姿勢をともなう中腰作業で、腰の負担を軽減し、楽になります。
傾斜地歩行や運搬歩行において、足の振り上げをアシストし、楽になります。
パワーアシストスーツの装着により、20kgの持ち上げ作業時の背筋の筋活動が、約01月02日に減少します。
TEL:080-4091-8172
TEL:073-457-8172
フューチャアグリ(株) ■自律搬送クローラロボット
クローラ型250kg運搬
圃場内、果樹園などの不整地、傾斜のある環境で、自律的に収穫物や飼料の運搬
防除機器を載せた自動防除
夜間見回りによる獣害防止
傾斜30度
走行速度最大12Km/h
ハイブリットによる8時間連続運転
自立移動モード、ジョイステック操作モード、収穫者の前方を人と一定距離で移動する
複数搬送ロボット連携して運用可能
TEL:090-5127-0378
E-mail:
info1@futureagri.co.jp

2.ICT・センシング関係


実際にICT技術を御利用される際は、内閣官房情報通信技術(IT)総合戦略室による「農業ITサービス標準利用規約ガイド」等を御参照のうえ、規約を事前に確認するなど、充分にサービス内容を把握するように努めて下さい。
「農業ITサービス標準利用規約ガイド」:概要1(PDF : 1,354KB) 概要2(PDF : 1,540KB) 本文(PDF : 1,111KB)

【協力企業等】
協力企業等の詳細内容はこちら(普及組織に対するサービスの詳細等も掲載)(PDF : 825KB)

(概要一覧)

企業・団体名 事業内容、製品・技術の紹介 連絡先
ICT経営相談室 森のくまさん  ■小規模事業者に役立つICTの導入を支援しています。特に農業・製造業でのIoT推進のため、DIYで創っていくIoTを進めるための勉強会や事例紹介の活動を進めています。
農業の生産工程管理(GAP)を活用した農業の見える化経営の支援
農業・食品関係卸小売業の経営改善コンサル
製造業(組み立て、部品加工)業界の業務知識を生かしたIT経営コンサル
業務アプリケーションの分析・設計・開発 
TEL:080-2156-0698
E-mail:
poosan@morinokumasanonline
.com  又はICTkuma3@gmail.com
Agsoil(株)  ミッション:農業の永続的な発展に貢献する。土壌を通じて作物の成長を最適化する。

当社が最も得意とするのは土壌硬度データ(※)と作物の生産性とを関連づける解析で、このノウハウは国内・海外含めて唯一当社だけができるものです。当社が十数年積み上げてきた実績から、土壌硬度が作物の成長速度を決める最重要要素であることも判っています。

 【事業内容】
データ解析:生産現場から収集されたデータと作物の生産性や品質という経営上必要な要素との関連性を数値化し、誰もが同じように理解できる指標を構築する事業。現在、作物の成長が均一になるかどうかを土壌硬度データから判別する「均一性評価サービス(ベータ版)」のサービスを試験提供中。
コンサルタント:生産現場における課題解決を行う事業。(生産現場での課題と原因因子の特定や解決手法の設計を、データになっていない生産現場のアナログ情報から適切に判断する)
調査サービス:特定作物の生育調査や農業資材の効果測定などの実証試験や調査業務受託する事業。

土壌硬度データ・・・土壌の深さに対する硬さの変化を数値化したもの
代表取締役南吉幸
E-mail:minami@agsoil.jp
(株)アグリコミュニケーションズ  青果流通業者向けシステム支援を始めとして、さまざまな専門性が求められる青果流通分野で、システム構築と運用支援を業務としています。上流工程の要件定義から、開発・運用・保守までの一貫したトータルサービスを農産分野で展開し、その時代のトレンドにあったタイムリーな戦略的ソリューションをご提供しています。
<導入事例として >               
青果流通システム:産地、等級、サイズ等、標準化が難しい生鮮青果流通において、流通BMS生鮮版に準拠させることにより、生鮮青果の商品調達戦略をより効率的に立案できるシステム開発のお手伝いをいたします。
仕入と販売の管理において、商流と物流の一元管理が可能。
独特の工程管理が必要な輸入青果にも対応。
カット野菜、カットフルーツの工場にも対応したシステム提案が可能。

圃場管理 :食の安心・安全を消費者に保証するために、使用農薬のチェック、栽培実績書の作成など、記録と確認、管理がますます重要になっています。圃場管理システム(生産履歴工程管理システム)を導入することで、より確実に使用農薬チェックや生産履歴の管理が行えます。  
お問い合わせ等は、ホームページ「メールでのお問い合わせ(外部リンク)」よりお願いします。
(同)アグロインフォ  ■施設園芸向けの環境計測センシングシステム「AI-100」を提供。
(詳細情報:http://www.agroinfo.co.jp

施設園芸向けの光合成最大化を図る環境制御システム「DM-ONE」を提供。
(詳細情報:http://www.agroinfo.co.jp

農業生産者が上記環境センシングシステムや環境制御システムをスマホやPCから利用できるクラウド゙アプリ「Thinking-farm」の提供。
(詳細情報:http://www.hinking-farm.com

その他、オーダメイド環境計測・制御システムの受託開発。 
TEL:090-2524-0003
 アジア航測(株) ■「リモートセンシング技術による農作物の生育モニタリングサービス」を提供。
水稲、茶、牧草が主な対象。
マルチスペクトルカメラ搭載のドローンや人工衛星の取得データからNDVI、三次元データを解析。
生育状況のムラ、病虫害の有無、雑草の状況、収穫面積及び収穫量、圃場の起伏などを把握。

「航空レーザ計測による圃場等の地形図作成サービス」を提供。
農地の集積、農地基盤整備の加速化を図る手段として提案。
例えば、レベル1000で公共測量作業規程で定められた精度を持つ数値地形図を提供。 
森林・農業ソリューション技術部
TEL:044-967-6330 
 (株)アミテックス ■農業環境センサーの開発販売
ワイヤレス防水温度湿度センサー
ワイヤレスCO2センサー

(一般社団法人ALFAE会員、UECS研究会会員)
TEL:06-6743-7743
FAX:06-6743-7720
E-mail:kawakita@amitechs.co.jp 
 (株)アルケミックス ■スマートフォン、タブレット及びパソコンで日々の作業内容、使用した資材等を記録できる「アルケファーム農作業日誌」
(詳細情報:http://note.alchefarm.com/

農業生産者向けに、QRコードシールを出荷時に貼るだけで、消費者に生産者情報の提供とアンケート集計、次回生産時の販促活動が可能に「"買って応援"見える化システム」
(詳細情報:http://www.alchemics.co.jp/products/reviewsys/

その他、オーダメイドシステムの提供。
本社
TEL:06-6942-3229
 (株)イーエスケイ ■畑らく日記

【カテゴリ】
農業日誌(栽培記録)のクラウドサービス

【キャッチコピー】
無料で使える農作業記録アプリ

【概要】
「畑らく日記」は、"誰でも""簡単に""すぐに使える"ことを最優先に開発した、スマートフォン用の農業日誌(栽培記録)のクラウドサービスである。AndroidとiOS用があり、サービス開始以来ダウンロード数で3万、実質ユーザー数で5千人を超え、日本全国で利用されている。利用者は専業農家を中心に、農業法人など、プロの生産者が多数を占める。2014年には「モバイルコンピューティング推進コンソーシアム(MMPC)」の、MCPC award2014の優秀プロダクト賞モバイルクラウド特別賞を受賞した。

【製品特徴】
Android/iPhoneに対応しており、無料で利用できる。
音声入力など、簡単な操作で誰でも使える。
入力項目は「辞書」として自分だけの編集/追加ができる。
集団作業に適したPro版サービス(有償)にもアップグレード可能。 
業務ソリューションサービス部
畑らく日記担当
TEL:0438-40-5290
 イーサポートリンク(株) ■生鮮流通サプライチェーン全体の"見える化"を実現するシステム、生鮮品の受発注決済クラウドサービス等の提供、関連した業務の代行
(詳細情報:https://www.e-supportlink.com/service/

スマホやパソコンによる生産履歴管理および、出荷先・生活者への生産履歴公開を行うシステム「農場物語」の提供
(詳細情報:https://www.e-supportlink.com/service/farmstory/) 
営業グループ農場物語担当
TEL:03-5979-0699 
イーソル (株)  ■ソフトウェア、ハードウェア受託開発
環境計測システム「eSOL AGRInk Server」の提供
環境データ共有クラウドサービス「eSOL AGRInk クラウド」を提供
各種センサ、無線通信を利用したデータ収集・環境制御システムの構築
オリジナルクラウドシステムの企画提案 
センシングデバイス事業部センシングソリューション課
TEL:03-5302-0670 
NECソリューションイノベータ(株)  「日本の産地を強くする」をコンセプトに、生産現場から経営・出荷・流通までをサポートするさまざまなICTソリューションでの貢献を目指し、以下のシステムやサービスをご提供しております。

改植申請業務の効率化を支援する「NEC GIS農地面積測量サービス」
(詳細情報:https://www.nec-solutioninnovators.co.jp/sl/gis-farmland/

光合成に適した栽培環境の管理を支援する「NEC ハウス環境モニタリングサービス」
(詳細情報:https://www.nec-solutioninnovators.co.jp/sl/ghouse_ict/

栽培営農指導に必要なデータの収集・分析業務の効率化を支援する「NEC 営農指導支援システム」
(詳細情報:https://www.nec-solutioninnovators.co.jp/sl/einou/

熟練者の農業技術やノウハウの継承を支援する「NEC 農業技術学習支援システム」
(詳細情報:https://www.nec-solutioninnovators.co.jp/sl/nougaku/

有識者監修の学習コンテンツで農業従事者などのスキルアップを支援する「NEC 農業学習サービス」
(詳細情報:https://www.nec-solutioninnovators.co.jp/sl/agri_learning/

GAPへの取り組みを支援する「NEC GAP認証支援サービス」
(詳細情報:https://www.nec-solutioninnovators.co.jp/sl/gap/

経営の見える化による攻めの農業を支援する「NEC 生産原価データ活用サービス」
(詳細情報:https://www.nec-solutioninnovators.co.jp/sl/seisangenka/

集出荷業務の効率化を支援する「NEC 集出荷コントロールサービス」
(詳細情報:https://www.nec-solutioninnovators.co.jp/sl/shushukka/
など 
スマートアグリサポートセンター
TEL:03-5534-2687 
(株)NTTデータ  NTTデータでは、様々な分野のお客様とともにシステムやサービスを作り上げてきた技術と経験をもとに、日本や世界の「食と農業」をご支援していきます。

栽培計画、栽培記録、連絡・相談をPC・スマホ・タブレットで実行できる「営農支援システム」をご提供。圃場単位、産地単位の栽培情報を見える化し、生産者様と集出荷団体様との連携強化を図る事で営農活動のより一層の高度化・効率化を実現します。

市町村様、農業委員会様、集出荷団体様等でのご利用を想定した「農地管理システム」をご提供。農地情報をベースにした農地の集積(担い手、作物の集積等)、耕作放棄地対策等の経営支援が可能です。

航空管制システムの知見を生かした、複数ドローンの運航管理が可能な「ドローン運航/交通管理ソフトウェア airpalette UTM」をご提供(詳細情報:http://www.airpalette.net/ja/utm

その他、NTTデータグループ会社の農業関連の商品・技術のご紹介が可能です。
気象情報利用
画像解析(病害虫診断や生育診断等)
自動走行支援
収穫予測等 
戦略ビジネス本部食農ビジネス企画担当
TEL:050-5546-9784 
NTTデータカスタマサービス(株)  ■GNSS高精度測位 自動走行アシストシステム 「High-GⓇ」
自動走行、自動操舵機能を有する農業機械に測位衛星を利用した補正情報を提供し、精度走行を行うためのシステム
(詳細情報:http://2020.ntt/mwc/jp/agriculture/ag04.html) 
東京:営業本部営業戦略部
E-mail:strategy@nttdatacs.co.jp

北海道:北海道支社システムソリューション部
TEL:011-520-1730 
(株)NTTドコモ  ■GoogleマップTM、航空写真を利用した農業日誌・圃場管理ツール「アグリノート」を提供
   (詳細情報:https://www.nttdocomo.co.jp/biz/service/agri_note/

圃場の水位・水温・温度・湿度を自動測定
タブレットやスマートフォンで遠隔地から状況を確認できるサービス「PaddyWatch」を提供
(詳細情報:https://www.nttdocomo.co.jp/biz/service/paddywatch/

フィールド(現場)の環境や動植物の監視などを行う露地栽培・ハウス栽培農業支援システム「FieldServer」を提供
(詳細情報:https://www.nttdocomo.co.jp/biz/service/fieldserver/

リアルタイムに収集した牛の活動情報を人工知能で解析し発情徴候をスマートデバイスに通知する、最適な飼養管理を実現できるソリューション「Farmnotecolor」を提供
(詳細情報:https://www.nttdocomo.co.jp/biz/service/farmnote_color/

体温監視とメール通知による畜産生産管理サービス「モバイル牛温恵」を提供
(詳細情報:https://www.nttdocomo.co.jp/biz/service/gyuonkei/

水温センサーと比重センサーを初期実装し、水温や比重などの海洋データをドコモのネットワークを経由して、スマートフォンなどで確認することができるサービス「ICTブイ」を提供
(詳細情報:https://www.nttdocomo.co.jp/biz/service/ICT_bui/) 
第一法人営業部地域協創ICT推進室2-1
TEL:03-5156-2511 
 (株)NPシステム開発 ■環境モニタリングクラウドシステム 「web-Watcher®」
育成環境の「見える化」により「作物の品質向上」「安定した収穫量」「栽培技術の蓄積」への取り組みを支援します。
リアルタイムの圃場モニタリング以外に、異常値の通知メール機能や、i-Node、i-Gatewayを通じた外部機器遠隔操作機能を活用することで省力化を図ることができます。

センサーノード 「i-Node®」・各種センサー・ゲートウェイ 「i-Gateway®」
多様なセンサーで圃場の状況を定期的に測定し、センターサーバーにデータを集約・蓄積します。
i-Nodeは優れた防塵防水性で露地でも施設でも使用でき、センサーを最大5個まで同時接続可能です。
i-Gatewayとi-Nodeの間は無料無線通信で、1台のi-Gatewayで複数のi-Nodeを管理できます。 
IoT事業部
TEL:089-994-6294(直通) 
(株)オプティム ■OPTiM Hawk(固定翼)、OPTiM Agri Drone(マルチコプター)、OPTiM Crawler(陸上走行)といった様々なドローンを用意し、対象物の撮影、解析に関するサービスを提供。

「DRONE CONNECT」により、農家とプロパイロットを繋ぎ、品質の高い撮影や農薬散布を行えるよう、マッチングサービスを提供。

「Agri Field Manager」による解析により、害虫の発生状況の見える化、植物植生の見える化を提供。

「Agri House Manager」による解析により、ハウス内の収量を予測。コストの最適化を提供。

「Agri Assistant」により、作業の音声入力を実現、JGAPにも対応しており営農管理をご支援。

「Optimal Second Sight」により、遠隔地からの営農支援を実現。技術伝承も強力にサポート。
インダストリー事業本部
TEL:03-6435-8569
E-mail:info-it-agriculture@optim.co.jp
キタイ設計(株) ■農業農村分野における基盤整備の調査・計画・設計業務全般

農業農村分野における事業計画、基本計画策定全般

建設コンサルタントとしての国家資格等多数(技術士等)
事業開発本部
担当:平櫛(ひらくし)
TEL:090-8936-9762
国際航業(株) ■人工衛星やドローンで撮影した画像を解析し、農作物の生育状況を示したレポートを作成する営農支援サービス「天晴れ」を提供
  (詳細情報:https://agriculture.kkc.jp/

クラウド型のサービスとなっており、専用の解析システム・閲覧システムの導入は不要
ユーザー登録料や月額の利用料も無く、サービスを利用する面積と回数に応じて費用が発生
利用にはインターネット環境と圃場GISデータが必要。圃場GISが無い場合は別途対応可能

他の圃場管理システムや営農履歴管理サービスなどとの連携も可能

「天晴れ」導入のメリット
圃場内・圃場間の農作物の生育状況の全体傾向を診ることができる。
肥培管理によって施肥量や営農作業の最適化を図ることができる。
圃場ごとの乾燥度合いが明瞭となり、収穫や乾燥の作業を効率的に行うことができる。
高品質化・高収量化・コスト削減につながる。
地域利用することで離農対策や新規就農者への支援に活用できる。
営農支援サービスチーム
TEL:03-4476-8069
小林クリエイト(株) ■「agis生育管理システム(ICT)」
圃場における人と栽培物を管理する(育てる)ための持続可能な生育管理ICTです。
圃場の大規模化後に新たな経営課題となる「効率的な労務管理」「栽培物のトレーサビリティ」を実現できる仕組みがICT化されています。
このICTは工業界の生産管理ノウハウを農業界へ応用しており、システムに搭載されている機能や使用する道具に独自性があります。

「最適肥料処方システム(ICT)」
日々吸収量が変化する肥料の成分残量を把握し、濃度維持のための施肥量を自動算出するICTです。
■「agis生育管理システム(ICT)」について
自動車推進部自動車企画課新ソリューション創出担当
松林和幸
TEL:052-231-5172
FAX:052-231-5164

「最適肥料処方システム(ICT)」について
アグリ事業部
長谷雄一
TEL:0545-63-8100
FAX:0545-64-4059
(株)ジョイ・ワールド・パシフィック ■農業生産者および農業試験場向けに、農場用センサリングシステムの「あぐりセンスⓇクラウド」を提供
 (詳細情報:http://agricloud.j-world.co.jp/agricloud-light-3g-s/

農業生産者および農業試験場向けに、環境制御・計測、IPカメラシステムの「シーカメラⓇ」を提供
 (詳細情報:http://seecamera.j-world.co.jp/

農業生産者および農業試験場・市町村向けに、果樹等の黒星病(子嚢胞子菌飛散日)予測や遅霜の予測アプリケーション及びセンシングシステムを提供
 (詳細情報:http://www.j-world.co.jp/business/agri_it/usecase/case6.html

農業生産者様向けにスマホやパソコンで簡単に営農記録がおこなえる「あぐり日誌」の提供
 (詳細情報:http://www.j-world.co.jp/business/agri_it/product/agri_daiary.html

その他、オーダメイドソフトの提供
ITビジネス課
TEL:0172-44-8133
シンジェンタジャパン(株) ■安全で効果の高い農薬(殺虫剤、殺菌剤、除草剤)および付加価値の高い野菜の種子の製造、販売

最新防除技術情報、病害虫情報、農産物マーケット情報など生産者様に有益な情報をメルマガ、各種SNSを通じて配信(要登録)

外部農業関連会社の皆様との連携による革新的かつ効果的な防除技術の提案

そのほか、弊社グローバル部門との連携による海外最新技術の情報提供など
マーケティング部
TEL:03-6221-3853
スマートアグリコンサルタンツ(同) 「農業を情報技術でかっこよく稼げて感動あるものに!」のビジョンのもと、経営戦略立案サポートから始め、スマート農業を活用したソリューションを提案することで生産技術だけでなくITや経営にも精通した次世代農業人「スマートファーマー」を育てます。

【特徴】
事業の基本である経営・事業戦略の立案からサポート
特定のサービス提供ではなく、日本全国の数あるソリューションから個々の農業生産者/法人の経営ビジョンに則した方法をコーディネート

【主なサービス内容】
スマート農業コンサルティング(導入支援、各種ご相談)
スマート農業プロジェクトの計画策定支援、事業実行支援
農業経営コンサルティング
スマート農業・経営に関する講演(全国)
スマート農業・経営に関する情報発信
担当:渡邊、橋本、吉川
E-mail:
contact@smartagri.co.jp
(株)セラク  ■圃場の状態を遠隔からモニタリングする 安価で簡単に導入可能な「みどりクラウド」を提供。
環境モニタリングを行う「みどりボックス」には、温度・湿度・日射量・CO2濃度・土壌水分・EC・pHを計測するためのセンサーとカメラが備わっています。
水稲の水位センサーや無線センサーなど用途に応じてカスタマイズした構成でのご提供も可能です。
記録されたデータは、スマートフォン、タブレット、パソコン上の「みどりモニタ」によっていつでも、どこからでも参照することができます。
 (詳細情報:https://info.midori-cloud.net/production/monitor/

農業生産者様向けにスマホやパソコンで簡単に農作業記録がおこなえる「みどりノート」を提供。
日々の作業管理、農業資材の管理、労務管理を手軽に行うことができます。
日本GAP協会の推奨農場管理システムに認定されており、GAP認証の取得・運用を支援します。
  (詳細情報:https://info.midori-cloud.net/production/note/

その他、遠隔から環境制御の設定を変更する「環境制御オプション」や、生産者様が抱えている栽培上の課題を環境計測データを元に分析する「圃場環境の分析サービス」を提供。 
みどりクラウド事業部
TEL:03-6851-4831(直通) 
(株)セールスフォース・ドットコム  ■クラウドベースで世界トップクラスのシェアを持つのCRM(顧客関係管理)を提供し、ソーシャル・モバイルをはじめ最新テクノロジーで行政や企業が、住民、顧客と新しいカタチでつながることを常に支援しています。

農産品の販売管理、農業技術指導、IoT関連(水耕栽培、酪農支援)、デジタルマーケティングなどのソリューションをご提供しています。

クラウド専業事業者として18年以上の事業実績を持ち、高セキュリティのサービスをスピーディーにリーズナブルなコストで、ご利用いただけます。 
デジタルトランスフォーメーション&イノベーション本部公共事業推進担当
TEL:03-4222-1000(代表)
(株)ゼンリン  【事業内容】
『知・時空間情報』の基盤となる各種情報を収集、管理し、住宅地図帳などの各種地図、地図データベース、コンテンツとして提供。また、『知・時空間情報』に付帯、関連するソフトウェアの開発・サービスの提供。

【おもな商品・サービス】
住宅地図データベース(住宅地図、ブルーマップ、GIS、配信サービス等)
高精度3次元地図(自動運転システム)
高精度空間データ(ドローン自律飛行)
その他(GISコンテンツ、3次元都市モデルデータ、多言語地図、デジタルサイネージ、行動分析等) 
事業統括本部渉外業務部
TEL:03-5295-9052 
ソフトバンク・テクノロジー(株) ■農業者と資材業者に新たな価値を提供するマッチングサービス「農業情報✕見える化」を実現する「AGMIRU」
「AGMIRU」 は、農業者と資材業者の双方に新たな価値を提供するマッチングサービスです。
 (詳細情報:https://agmiru.com/

農業者、農業関係各種団体向けにスマホやパソコンで簡単に営農記録がおこなえる「GAPPY」のサービス提供

その他、企業や農業者の農地取得の為の各種コンサルティングも実施しています。
公共事業部公共第2営業部
TEL:03‐6892‐3152
ソリマチ(株) 農業者・中小企業・個人事業主・NPOなど、事業者向けにこだわった様々な製品の開発・販売
【農業向け主な製品・サービス】 (詳細情報:http://www.sorimachi.co.jp/farm.asp)

農業簿記シリーズ:個人事業主から農業法人向けに決算から申告まで農業会計をトータルにサポート
JA記帳業務支援:複数の組合員の簿記入力・確定申告作成を支援できる、記帳代行システム
農地台帳システム:適正な農地事務の執行と、農業政策の推進を支援
大地シリーズ:土地改良区向け、会計業務(単式・複式対応)と賦課業務を支援
FaceFarm生産履歴システム:(詳細情報:http://facefarm.jp/)
「いつ」「誰が」「何を」「どこで」「どのくらい」「どの資材や機械で」作業したのか
パソコンやスマホを使って現場で簡単に記録・分析するためのサービス
日本GAP協会推奨システムで、様々なお悩み解決につながる「見える化」を強力にサポート
[主な機能]
栽培計画(栽培暦)による農薬適正使用チェック
ヤンマー農機との連携による生産履歴の自動記録
GoogleMapを利用した入力サポートと視覚的な情報分析   など
農業情報営業部
TEL:03-5475-5301
(株)大和コンピューター ■「メロン養液栽培の潅水装置」を提供。農業界と経済界の連携による生産性向上モデル農業確立実証事業にて実証しているモデルである。
NFCタグをスマートフォンでタッチして農作業を記録する「農業管理システム」を提供
国際標準規格「EPCIS」を用いた「流通トレーサビリティシステム」を提供
RFID(電子タグ)を用いた在庫管理、トレーサビリティシステムの開発
その他、オーダメイドソフトの提供
アールスメロンの栽培農業法人である。
NB推進本部i農業開発部
TEL:072-676-2221
データプロセス(株) ■ソフトウェア受託開発、企画提案
クラウドサービス「agrLeaf アグリーフ」
営農支援クラウドサービスagrLeaf(アグリーフ)
圃場の見える化(環境モニタリング)
水やりの自動化(遠隔タイマー灌水)
作業の見える化(簡易作業者管理)

圃場環境のモニタリングと遠隔タイマー灌水により、圃場へ移動する作業時間の軽減・省力化を行うことができます。
また、積算温度が予め設定した温度に到達する時期を予測することで、収穫時期の予測や病害虫対策に役立てることができます。
発信機(ビーコン)を用いて、圃場の見回り記録などの記録作業を自動化できます。
ICTソリューション部
担当(新美)
TEL:06-6453-1266
テラスマイル(株) 【経営分析クラウド、RightARM の提供】
農業経営者が今まで蓄積していたデータを、クラウド上の様々なフレームワークを活用して、見える化・分析することにより、収益性・生産性・特性の向上を支援。
出荷量と様々なデータを組み合わせた分析画面
果菜類を中心とした出荷量の予測※実証中・2019年随時配信
定例会・報告資料で必要な集計情報を自動的に作成・ダウンロード

【経営分析パッケージの提供】
商社、農業法人を対象に、以下の内容を盛り込んだ経営分析パッケージを提供。
分析クラウド「RightARM」利用権、メールサポート。
17メーカー・6,500万レコード以上のセンサー・システム等データを分析した経験と実績。
青年部会から法人経営者まで、多様なレベルに対応した勉強会プログラム。
「10ポイント」「81マトリクス」など、農業者・営農指導員に学びと気づきを提供する分析手法。
スマート農業の実証・導入に対応した経営指針の策定や、効果検証レポート、GAP等で収集したデータの活用によるレポートの作成。
TEL:0537-28-7770
E-mail:kaizen@terasuma.jp
東洋紡(株) ■フィルム・機能樹脂、産業マテリアル、ヘルスケア、衣料繊維分野における各種製品等の製造、加工、販売。
プラント・機器の設計、制作、販売。各種技術・情報の販売。
本社
TEL:06-6348-3003(代表)
ドローン・ジャパン(株) ■ドローンを活用したリモートセンシングサービス「DJアグリサービス」を提供しています。
 (詳細情報:https://www.drone-j.com/agriculture

圃場を回転翼または固定翼のドローンでリモートセンシングし、クラウドで解析した結果による、以下のサービスを提供します。
農業ICT事業者:農業栽培・営農支援サービス事業者へのセンシングデータ・解析データの提供。
生産法人向け:生育状態の把握(地力判断)、生育むら箇所の特定(追肥判断)、生育異常箇所の特定、収穫適期判断。
農協、自治体農政など向け:圃場管理情報、営農指導支援情報、収穫順判断支援、災害調査利用。
食品加工、流通事業者向け:農作地情報、収穫予想(量、質、時期)、災害被害状況。
E-mail:info@drone-j.com
(株)長野県協同電算 ■JA長野県グループの電算事業を担う企業として、県下JAの基幹システムの開発・運用。
 (詳細情報:http://www.naganoken-kyododensan.jp/

農家向けの営農情報サービス「アグリネット」の提供。
 (詳細情報:http://agrinet.iijan.or.jp/

県下JA営農指導員向けシステムの提供。
システム企画部システム企画課
TEL:026-225-8390
E-mail:al-system@nkd.nn-ja.or.jp
(株)日本農業サポート研究所 日本の農業をサポートするとの企業理念のもと、以下のサービスを実施しています。

農産物の海外輸出に対する助言
海外市場の情報提供を行ったり、実際に日本の農産物を海外へ輸出する際のお手伝いをします。

海外視察についてのご提案と運営
世界の社会・経済情勢、農業事情を見聞し、日本農業を見直します。

発展途上国に対する国際協力
研修などを通じ、発展途上国の農業・農村開発支援に協力します 。

土壌微生物多様性・活性値分析の普及
安全安心を保証します。有機農法の決め手です。

農業用コンピュータシステムのコンサル
農業のIT化を進め、効率的な経営を後押します。

農業参入を計画している企業等への支援
農業振興の貢献を考えている企業の方々に情報を提供したり、農業の新しい担い手育成に協力します。

農業者へのコンサルと研修の企画・運営
農業経営に対する助言や、農業者等に対する研修の企画 ・ 運営のお手伝いを致します。
担当:福田浩一
TEL:03-3917-2007
FAX:03-3917-2080
日本農業情報システム協会 (目的)
農業情報システムの利活用を促進し、日本の農業の発展に貢献する。
そのために、農業情報システムの普及・啓発を担う人材を育成する。
1.農業者が農業情報システムを選択しやすくする。
2.農業者が農業情報システムを利活用しやすくする。
3.多様で個性的な農業情報システムが持続的に提供されるようにする。

(主な活動内容)
スマート農業導入の相談・支援
スマート農業関連研修会・講演会への講師派遣
スマート農業系各種イベント開催・相互ビジネス創生
スマート農業の利活用を促進するための支援者の育成
スマート農業によって生産した農産物のブランド化推進
スマート農業に関するPR活動

スマート農業:IT(ICT)・ロボット(IoT)・人工知能(AI)を利活用し、人手不足への対応に向けた省力化や栽培・人員管理、生産性や品質の向上を実現する新たな農業を目指します。
お問い合わせ等は、ホームページ「メールでのお問い合わせ」よりお願いします。https://jaisa.org/contact/
ネポン(株) ◎農業クラウドサービスアグリネット
   (詳細情報:http://www.nepon.co.jp/agrinet_sp/

ハウス環境の「見える化」
栽培に適した環境にするために必要な要素(温度・湿度・照度・CO2濃度)などを測定することで、1日のハウス内環境変化の流れを数値・グラフ表示で感覚的に把握ができます。
 (詳細情報:http://www.nepon.co.jp/agrinet/

ハウス環境の「遠隔制御」
ハウス内の設備の状況を把握し、「遠隔からも設定変更」ができます。
「離れたハウス」や「複数のハウス」を一元管理で「省力化」ができます。
 (詳細情報:http://www.nepon.co.jp/agrinet/agri02.html

ハウス環境の「警報と監視」
ハウスの温度異常や停電、暖房機などのトラブルを警報メールで「リスク回避」のツールとしてご利用できます。
 (詳細情報:http://www.nepon.co.jp/agrinet/agri03.html

グループでの「コミュニケーション」
グループで栽培に必要な最新情報の共有、お知らせやグループ管理などコミュニケーションのツールとしてご利用できます。
 (詳細情報:http://www.nepon.co.jp/agrinet/agri04.html
営業部
TEL:046-247-3269
農と食女性協会 ■代表の伊藤淳子は、平成14年に「農家と消費者をITでつなぐ」実証実験をプロデュース。総務省地域情報化アドバイザーを長年務めたほか、食料・農業・農村政策審議会の委員を歴任。農商工連携や6次産業化アドバイザーとして、主に情報コンテンツの発信に努めてきました。また、大手企業の特許技術等のR&D、マーケティング、実証実験などのコーディネートや、プロモーション戦略などを行っています。農林水産省農業女子プロジェクト・サポーター。(元)総務省地域情報化アドバイザー、(公)日本フードスペシャリスト協会理事も兼任しています。主に、女性市場開発が得意です。

マルシェの出店支援のほか、地域交流・地域ブランドのプロモーション・販促支援を推進。また、ECサイト構築の推進やスマホ決済の推進に取組。
TEL:090-3313-0346
E-mail:junco.ito@gmail.com
ハイパーアグリ(株) ■イネの根を活性化させるイオン水生成装置「フィールドマイスターIoT1.0」を提供。
 (詳細情報:http://www.hyper-agri.com/sentan_model.index.html
イオン水でイネの根を活性化させることで収量増加や外観品質改善、食味向上が期待出来ます。
水稲用センサリングシステムを搭載(気温、湿度、気圧、照度、水温、水位計測)。
電子バルブとの連動により、圃場水位の自動制御が可能。
低電力無線通信技術により安価な運用が可能

その他、カスタマイズアプリケーション及び、オーダーメイド基板、モジュールの提供。
TEL:03-5413-7417(直通)
PSソリューションズ(株) ■栽培ナビゲーション「e-kakashi」を提供。
 (詳細情報:https://www.e-kakashi.com/
CPS事業本部
事業管理部(飴本)
TEL:080-3584-0569
東日本電信電話(株) ■ギガらくWi-Fi IoTサポートオプション農業タイプ
農業IoTセンサーで畑やビニールハウス内の環境情報(温度・湿度など)を収集
農業IoTカメラで畑やビニールハウス内の様子を確認
モーションセンサーや赤外線機能を使えば、鳥獣害や盗難被害の状況確認にも活用できます。
 (詳細情報:https://business.ntt-east.co.jp/service/gigarakuwifi/iot/iot_agriculture.html

圃場センシングソリューション「eセンシング For アグリ」
離れた場所からでもインターネットとアプリ経由で環境チェック&異常時はメールでお知らせ
小型太陽光パネルにより、センサーの電源・電池が不要
センサーデータを無線通信(LPWA)で受信機に送信するので、センサーごとのモバイル回線が不要、データも自動収集します。
 (詳細情報:https://business.ntt-east.co.jp/service/sensing_agri/
E-mail:nougyou_iot_pj-ml@east.ntt.co.jp
(株)ファームプロ ■消費者と生産者を繋げるwebシステムの構築
画像解析を用いた終了予測システムの開発
施設栽培のセンシングシステムの開発
顔認証を使った防犯システムの開発
担当(竹内)
TEL:092-215-1801(直通)
(株)冨貴堂ユーザック ■農業現場で行われている作業記録を、生産現場においてスマートフォン等の携帯端末からリアルタイムに簡単入力でき、自動的に情報をクラウド上に転送することで、確実な営農管理情報の収集・蓄積・一元管理、及び、経営判断で情報を活用する事ができるソフトウエア「しっかりファーム」の提供。

農産物や加工品の原料~製品~受注~出荷~入金といった事務処理の流れを一元管理でき、問い合わせへの迅速な回答や販売履歴に基づくきめ細かな顧客管理を提供。農産物~製品化し販売した情報をもとに、単位当たりの単価を求め、農産物の収益性の確認と管理を提供。

「NEC GAP認証支援サービス」との連携、「しっかりファーム」に記録した営農情報を「NEC GAP認証支援サービス」の「実践・記録情報」として活用できるように連携し、「しっかりファーム」の新たなサービスとして提供。
 (詳細情報:https://www.nec-solutioninnovators.co.jp/press/20171120/index.html

その他、オーダメイドソフトの提供。
システム開発課
辻川眞一郎・本田和行
TEL:0166-68-2626(直通)
富士通(株) 食・農クラウドAkisai(秋彩)は、生産現場でのICT活用を起点に流通・地域・消費者をバリューチェーンで結ぶサービスを展開します。本サービスは、露地栽培、施設栽培、畜産をカバーし、生産から経営・販売まで企業的農業経営を支援するクラウドサービスです。
 (詳細情報:http://jp.fujitsu.com/solutions/cloud/agri/

主な商品
農業生産管理SaaS:生産計画から収穫・出荷まで、農業生産プロセスに関わる情報を蓄積・管理・集計し、企業型農業経営をサポート。

施設園芸SaaS:温室とクラウドをつなぎ、パソコンや携帯端末から温室環境の遠隔監視・リモート制御を実現します。

アセスメントガイド運用支援:GAPなどの農業生産に関する項目やISOやHACCPに関連した項目など、さまざまな規定・規格における監査・指導業務をタブレットで行えるサービスです。

Akisai PF(Akisaiプラットフォーム):フォーマットの異なるシステムをつなぎデータを収集する機能、収集したデータを統合・蓄積し分析可能な状態に変換する機能、データを表示・分析など活用する機能の3つの機能を提供します。

その他アグリマルチセンシングSaaS、牛歩、牛見時、イノベーション支援サービスなど
富士通コンタクトline(総合窓口)
TEL:0120-933-200
PLANT DATA(株) 『PLANT DATA』は、植物生体情報の計測と解析、そして活用に関するサービスを提供するプラットフォームです。
光合成や蒸散のリアルタイム計測やクロロフィル蛍光計測に基づいた植物の環境応答の異常検知など、汎用性の高い植物生体計測のサービスラインを提供する他、 要件に応じた植物生体計測手法やアルゴリズム開発やその実装、付帯する研究の受託も可能です。

光合成計測チャンバー。光合成速度と蒸散速度をリアルタイム計測する装置。
 (詳細情報:https://www.plantdata.net/photosynthesis.html

クロロフィル蛍光画像計測。光合成反応系の活性の評価の他、作業員の作業品質評価にも応用可能。
 (詳細情報:https://www.plantdata.net/chlorophyll.html

生育スケルトン。週1回の頻度で行われる生育調査データをインフォグラフィック化し、生育バランスや樹勢の強弱の見える化およびシェアができるWebサービス。
 (詳細情報:https://www.plantdata.net/growth_skeleton.html
愛媛大学内本社
TEL:089-993-5873(直通)
ライフマティックス(株) ■製薬会社様や諸大学研究室様に対する、製薬・創薬に関する研究開発支援、およびデータ解析業務支援を行っておりますが、これらの業務の中で培った知見、ノウハウを利用し、別分野での支援も提供させて頂いております。
 (事例:ゲノムのデータ解析、画像解析ソフトの作成、分析データの管理・可視化ツールなど)

要件が曖昧なシステム開発も、プロトタイプを作成・評価を繰り返すことで、最小限のコストで、最大の効果を目指す開発を行っています。
営業部
中川隆広
TEL:03-6206-8412(代表)
:070-4118-3045(携帯)
(公財)流通経済研究所 ■生産者と実需、市場をつなぐマッチングサイト「agreach(アグリーチ)」を提供。
agreachは、農林水産物の取引を見える化(透明化)し、生産者とバイヤー、卸売市場をつなぐためのマッチング・システムです。
agreachは、生産者が自ら価格を決め、自社の経営にとってプラスとなる取引先を発掘するために存在しています。
agreachは、農林水産物を調達するバイヤーが、自社のニーズに合った原材料、食材、商品を発掘する、あるいは連携可能な生産者を発掘するために存在しています。
agreachは、全国の卸売市場が、自社の情報を発信し、生産者とバイヤーと繋がることを支援するために存在しています。
agreachは、価値を繋いでいくサプライチェーンの構築のため、農産物流通の新時代を築いていくため、生産者の皆様、バイヤーの皆様、卸売市場の皆様のビジネスに貢献するプラットフォームであり続けます。 agreachは、生産者と卸売市場、バイヤーをそれぞれ双方向につなぐ仕組みです。
 (詳細情報:https://www.agreach.jp/

全国の食品スーパー数百社のPOSデータ(販売データ)を提供するサービス「NPI report」を提供。
 (詳細情報:http://npi-cloud.com/npi-report/

内閣府戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)農林水産物の流通改善、サプライチェーンの見える化にて参画中。
農業・地域振興開発室
TEL:03-5213-4534(直通)
(株)ローリス ■筆及び耕区の両方の形状の圃場データを様々な形状で提供。
 (詳細情報:https://loris.co.jp/product/

Web上で操作可能な圃場データ操作サービス「GeoCloudマップ(WebGIS)」を無償提供。
 (詳細情報:https://loris.co.jp/product/

組織向け圃場データ共有システム「GeoCloudアグリ」を提供。
 (詳細情報:https://loris.co.jp/product/

その他、ご要望に沿ったフルスクラッチでの開発。
本社
TEL:03-6913-7750(代表)
担当(山下)
TEL:080-3416-0961

3.肥料関係

【協力企業等】
協力企業等の詳細内容はこちら(普及組織に対するサービスの詳細等も掲載)(PDF : 685KB)

(概要一覧)

都道府県 企業・団体名 事業内容 窓口 連絡先
北海道 全肥商連北海道地区部会  ・肥料販売業に関する指導及び教育
 ・肥料販売業に関する情報又は資料の収集および提供
 ・肥料販売に関する調査研究
事務局 株式会社日の丸産業社 担当 石山浩介 011-862-7471
岩手県 株式会社渡嘉商店  ・農業用資材販売(肥料、土壌改良材、培土、飼料、農薬、ハウス資材)
 ・土壌分析
 ・米穀の集荷、検査、販売
株式会社渡嘉商店営業部 0198-22-2155
岩手県 岩手県肥料商協議会  ・全肥商連主催の施肥技術指導者「施肥技術マイスター」の拡大と養成とフォロー。
 ・農水、県が発信する政策・技術等の情報収集と会員への発信。
 ・肥料に関わる県農林水産部の各部署、県警本部等の情報交換。
 ・情報伝達、事務のスリム化の推進と研究。
事務局(株)森 019-635-3511
岩手県 株式会社森  ・農業用資材販売(肥料、土壌改良材、農薬、資材)
 ・米穀集荷販売
 ・飼料販売(牛鶏配合飼料)
 ・園芸用品販売
営業 019-635-3511
宮城県 フクダ物産株式会社  ・農業用資材販売(肥料、土壌改良材、農薬、ハウス資材)
 ・日射比例型自動灌水栽培システム施工販売
 ・米穀集荷販売・青果物集荷販売
 ・飼料販売(圧ペン大麦、圧ペンとうもろこし、圧ペン飼料米)
 ・造園・緑化資材販売(屋上緑化、壁面緑化、防草シート等)
穀肥部 022-288-6438 
宮城県 ワタヒョウ株式会社  ・肥料メーカー、商社との連携により、産地に役立つ資材、情報の提供が可能です。特に全国を巡回しているメーカー専門技師による講習会は栽培技術向上に一見の価値あり。(水稲、野菜、花卉、果樹、芝等)
 ・飼料用米の作付需要に対応できるとともに飼料米加工品の需要にも対応可能。 
農材事業部  0226-23-6820 
宮城県 株式会社福田商会  ・飼料の製造(大麦、とうもろこし、飼料用米各種)
 ・飼料原料の購入(飼料用米)
業務部 022-288-6439 
秋田県 全肥商連秋田県部会  ・肥料販売業に関する指導及び資格制度の推進(施肥技術マイスター等)
 ・肥料販売に係る情報の提供等
事務局(出羽青岩アグロ(株)・伊藤) 0182-24-1101
山形県 全肥商連山形県部会  ・肥料販売業に関する指導及び資格制度推進(施肥技術マイスタ―ほか)
 ・肥料販売に係る情報提供
全肥商連山形県部会事務局(イノチオ東北(株)) 023-633-3840
福島県 全肥商連福島県部会  ・肥料販売商業者の連携強化、経営者並びに従業員等の資質向上支援事業(行事) 部会事務局 024-522-2655
茨城県 全肥商連茨城県部会  ・肥料、農薬、農業資材、土壌改良材の販売
 ・施肥設計、土壌診断
 ・農林水産省、茨城県、県内新聞の情報発信(農業トピックス)
県部会事務局 029-285-0311
栃木県 栃木県肥料協会  ・肥料の円滑なる流通に関する研究及び推進
 ・関係官庁並びに関係団体との連携建議及び陳情
 ・会員の事業に関する経営技術及び経済的地位の改善向上のため実施する知識の普及及び情報の提供
 ・肥料及び施肥技術の研究と普及に関する事業
事務局 028-655-3371
群馬県 全肥商連群馬県部会(農業技術員会)  ・肥料行政への協力(県が推進する諸施策に協力し、本県農業の発展のための肥料流通を図り、併せて商系の組織力の強化を図る。)
 ・会員への指導及び教育事業(施肥技術講習会等を通じて、会員の施肥、栽培技術の向上を図るとともに、農業者への営農指導を行う。)
事務局 027-289-8423
新潟県 全肥商連新潟県部会  ・肥料販売業に関する指導及び教育
 ・肥料販売業に関する情報又は資料の収集及び提供
 ・肥料販売業に関する調査研究
株式会社ネイグル新潟 025-274-7151
富山県 株式会社国際有機公社
企業HP:https://oisii-saibai.com
 ・土壌診断に基づく施肥設計、土作りの提案(土壌医1級)
 ・栽培技術相談(病害虫予防)
 ・農業用資材販売(肥料、種苗、農業資材など)
(担当)吉田 0763-55-1602
静岡県 静岡県肥料商業組合(全国肥料商連合会静岡県部会)  ・肥料販売業に関する指導及び教育
 ・肥料販売業に関する情報又は資料の収集及び提供
 ・肥料販売業に関する調査研究
 ・組合員の福利厚生
事務局  054-251-3875
静岡県 薮崎産商株式会社  ・農業用資材販売(肥料・土壌改良剤等)
 ・施肥技術マイスター、施肥技術指導員、JGAP指導員 との交流、相談
 ・有機配合、BB配合設計ア ドバイスによるオーダーメイド肥料の配合設計の提案&製造
 ・土壌診断、現地生育診断に基づく施肥設計と施肥の提案
薮崎産商(株)
担当
新木一志
054-641-2300
静岡県 株式会社サンセイ  ・指定配合肥料の製造、販売
 ・化成肥料、土壌改良剤の販売
 ・土壌分析に基づく施肥の提案
(株)サンセイ 054-375-2161
静岡県 日本オーガニック株式会社 配合肥料設計、製造、卸:
 ・土壌分析に基づいた土作りとカスタマイズ肥料設計及び施肥指導
 ・元気の出る勉強会4回/年開催
 ・環境計量士(1名)、施肥技術マイスター(8名)、農業検定3級(2名)、毒劇物取扱責任者一般(2名)農業(8名)、JGAP指導員(7名)、JGAP審査補(1名)
 ・農業用資材販売(肥料、農薬、土壌改良剤、資材)
技術部にて:
  ・土壌分析応需(実績2,000点/年)
  ・現地にて栽培指導、栽培相談、栽培フォロー、講習会
日本オーガニック(株)吉田支店 0548-33-1800
静岡県 豊田肥料株式会社  ・肥料・農薬・資材の販売
 ・栽培技術相談(土壌分析、病害虫診断、施肥相談(「土壌医」(1級)、土づくりマスター(土壌医2級)、施肥マイスター(37名)による))
 ・現地相談、「青空座談会」、講習会
 ・JGAP上級指導による取得支援
 ・オリジナル肥料の受注生産
豊田肥料本社
伊藤信介
TEL
0538-42-4111
FAX
0538-42-1152
岐阜県 全肥商連岐阜県部会  ・肥料販売に関する情報又は資料の収集・提供
 ・商系業者の連携強化に向けた情報提供
事務局 058-245-4411
愛知県 全肥商連愛知県部会  ・商系肥料業者への行政・試験研究機関・県立農業大学校の最新情報の提供
 ・商系業者の連携強化に向けた情報交換会
 ・商系業者のための民間農業事情の研究会
 ・海外農業事情の句集会
全肥商連愛知県部会 052-551-8681
三重県 全肥商連三重県部会  ・農業用資材販売(肥料、農薬、種苗、ハウス資材、農機具等)
 ・土壌分析、施肥設計
 ・農産物集荷、販売など 
三重県部会事務局  0592-25-5341
滋賀県 滋賀県肥料商業組合  ・農業用資材販売(肥料、農薬、種苗、ハウス資材等)
 ・土壌診断
 ・施肥設計
 ・現地視察、アドバイス
 ・施肥作業代行 
滋賀県肥料商業組合
事務局((有)野矢商店)
0748-23-5588
大阪府 全肥商連大阪府部会  ・肥料販売商業者の連携強化、農業関連情報収集及び啓発活動
 ・肥料販売業に関する指導及び資格制度推進(施肥技術マイスターほか)
大阪府部会事務局((株)農産アグリーン) 06-6536-1677
兵庫県 全肥商連兵庫県部会  ・肥料販売商業者の連携強化、農業情勢情報収集及び啓発活動、施肥指導
 ・研修会の開催
兵庫県部会事務局 078-681-3101
奈良県 奈良県肥料商業組合  ・農業関連資材販売(肥料・農薬・資材等)
 ・肥料販売業に関する指導及び教育
 ・肥料販売業に関する資料の収集及び提供
 ・組合員の福利厚生と親睦
松本肥料店 0743-66-0045
岡山県 岡山県部会
西日本日紅
日植アグリ
両備産業
山陽薬品
 ・農業用資材販売(肥料、農薬、種苗、農業資材など) 
 ・土壌分析、施肥設計
(事務局)
西日本日紅(株)(総務・経理部) 
086-296-6755
徳島県 全肥商連
徳島県部会
 ・農業用資材販売(肥料、農薬、種苗ハウス資材、農機具等)
 ・土壌分析、施肥設計
 ・農産物集荷、販売等
県部会事務局所長(奥村商事) 088-692-8828
香川県 全肥商連香川県部会(四国物産(株)・立石商事(株)・東洋物産(株)・西日本日紅(株)香川支店・(株)石原林造商店)  ・農業資材販売(肥料、農薬、土壌改良資材、種子、種苗、ハウス資材等)
 ・土壌診断
 ・施肥設計
 ・栽培指導
事務局(株)石原林造商店 087-821-7168
高知県 全肥商連高知県部会  ・農業用資材販売(製造、肥料、農薬、種苗、ハウス資材等)
 ・土壌診断に基づく施肥設計
 ・現地視察、アドバイス
 ・施肥作業代行
 ・米穀集荷販売
事務局:清和肥料工業株式会社四国営業所横山 088-847-2295
福岡県 万来屋物産(株)  ・農業用資材販売(肥料、農薬)
 ・土壌診断
 ・施肥設計
 ・栽培指導
 ・玄米の買取と白米の販売 
肥料農薬部長  0942-44-6101 
福岡県 (株)清商  ・農業用資材販売土壌診断施肥設計米加工品・飼料米流通 人見  0942-43-7794
福岡県 全肥商連
福岡県部会
武藤農商
 ・農業関連資材販売(肥料、農薬、資材など)
 ・米、麦、大豆集荷販売
 ・全肥商連会員 全集連会員
藤農商(株) 0944-76-3011 
佐賀県 九州日紅株式会社  ・農業用資材卸売(肥料・農薬・種苗・ハウス資材他)  佐賀営業部  0952-51-3121 
佐賀県 筑紫アグリ株式会社  ・農業用資材販売(肥料・農薬・農業資材他)  佐賀営業所
杵島営業所
0952-51-3128
0954-65-4851 
佐賀県 合資会社宮原商店  ・肥料:卸、小売
 ・農薬:小売
 ・資材:小売
 ・種苗:卸、小売 
宮原茂行
古賀峻介 
0952-23-0551 
熊本県 全肥商連熊本県部会 H29年4月現在部会員数66社

 ・農業生産資材販売(肥料、農薬、種苗、ハウス資材等)
 ・土壌分析、診断
 ・施肥設計
 ・栽培アドバイス
[事務局]
積水ヒノマル(株)熊本支店(担当:徳永)
096-372-5110
宮崎県 全肥商連宮崎県部会  ・肥料販売業者の資質向上と連携強化
 ・地域農業者への施肥栽培指導並びに各種情報の提供
県部会事務局 (資)菊池商店部会長 菊池,事務局高橋 0985-24-1567
鹿児島県 全肥商連鹿児島県部会  ・農業生産資材販売
 ・肥料、農薬、種苗、ハウス資材等
 ・土壌分析、診断
 ・施肥設計と各種情報提供
 ・栽培アドバイス
(事務局)九州日紅(株)鹿児島支店
(担当)西迫・坂口
TEL
099-267-2361
FAX
099-267-2360

4.鳥獣被害対策関係

【協力企業等】
協力企業等の詳細内容はこちら(普及組織に対するサービスの詳細等も掲載)(PDF : 256KB)

(概要一覧)

  企業・団体名 事業内容 窓口 連絡先
株式会社赤城商会  ・獣害対策グレーチング付U字溝「わたれません」の製造及び販売。 開発営業部 0279-24-3131

お問合せ先

生産局技術普及課

担当者:組織班
代表:03-3502-8111(内線5199)
ダイヤルイン:03-6744-2107
FAX番号:03-3597-0142

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader