このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

施肥の適正化

化学肥料や堆肥などの施肥は作物に栄養を供給するために不可欠ですが、過剰な施肥はコスト面でデメリットが大きいだけでなく、環境に悪影響を及ぼすことがあります。

農林水産省では、土壌診断に基づく施肥設計の見直し等により適正施肥の徹底を図るとともに、地域の未利用・低利用資源の有効活用を図ること等により、総合的な肥料対策を推進しています。

新着情報

施肥の適正化に関する事業は10ページから11ページに掲載されています。

 

  • 平成26年度予算の概要

施肥の適正化に関する事業は13ページから14ページに掲載されています。  

 

平成26年度事業の公募期間(平成26年1月28日から平成26年2月28日まで)。

事業情報 

事業評価

参考情報

施肥設計のための土壌分析と計量法第107条に規定する計量証明事業者の登録について、計量法(平成4年法律第51号)
を所管する経済産業省産業技術環境局計量行政室長より、農林水産省生産局技術普及課長及び農業環境対策課長に対し、
通知がありましたので関係団体等へ周知を行いました。

 

 

適正な施肥を行うために参考となる、各都道府県の「施肥基準」、「土壌診断基準」、「減肥基準」を掲載しています。 

 

地力増進基本指針では、土壌の性質の基本的な改善目標と基本的な改善方策を示しています。

 

産地の営農指導者や稲作農家に向けて、水稲向け肥効調節型肥料の使用実態や使用上の留意点、様々な追肥手法の特徴等について掲載しています。

 

各作物における施肥改善事例や農業技術機関の研究成果が整理されています。
施肥低減の取組をさらに進める際の参考にしてください。

 

平成21年3月から平成21年6月にかけて開催した検討会の資料、議事概要等が掲載されています。

「中間取りまとめ報告書」では、当時の施肥改善をめぐる現状と課題、今後の対応方向等について整理しています。

 

平成21年8月から10月にかけて開催した会議の資料、議事概要が掲載されています。

「肥料原料の安定確保に関する論点整理」では、化学肥料原料の需給と見通し、

肥料原料安定確保に向けた今後の取組の方向が整理されています。

お問合せ先

生産局技術普及課生産資材対策室

代表:03-3502-8111(内線4728)
ダイヤルイン:03-6744-2435
FAX番号:03-3597-0142

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader