このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

更新日:令和元年10月10日

担当:政策統括官付農産企画課

米に関するメールマガジン(第67号)(令和元年10月10日)

  平成30年産からの米政策については、生産者や集荷業者・団体の主体的な経営判断や販売戦略に基づき、需要に応じた米生産ができるよう環境整備を進めることとしており、その一環として、平成26年3月から米の流通に係るよりきめ細かい需給・価格情報、販売進捗・在庫情報等の提供を行っています。

  平成30年産米の相対取引価格・数量、契約・販売状況、民間在庫の推移等の状況について(令和元年8月)、米の出荷・販売業者、団体等から報告のあった内容を取りまとめ、公表しましたのでお知らせします。

平成30年産米の相対取引価格・数量、契約・販売状況、民間在庫の推移等について(令和元年8月)

 相対取引価格

  令和元年8月の相対取引価格は、全銘柄平均価格で15,706円/玄米60kg、相対取引数量は、全銘柄合計で5万トンとなっています。

 契約・販売状況

  令和元年8月末現在の全国の集荷数量は286万トン、契約数量は283万トン、販売数量は243万トンとなっています。

 民間在庫の推移

  令和元年8月末現在の全国段階の民間在庫は、出荷・販売段階の計で79万トンとなっています。


参考資料

令和元年産水稲の9月15日現在における作柄/生育概況(9月30日公表)

令和元年産水稲の作付面積(青刈り面積を含む。)は158万4,000ha(前年産に比べ8,000ha減少)、うち主食用米の作付見込面積は137万9,000ha(前年産に比べ7,000ha減少)となりました。

水稲の全国の10a当たり予想収量は536kg、農家等が使用しているふるい目幅ベースの全国の作況指数は101と見込んでいます。

主食用米の作付見込面積に10a当たり予想収量を乗じた予想収穫量(主食用)は736万9,000tで、前年産に比べ4万2,000tの増加となる見通しです。

 
(詳しくはこちらから)

http://www.maff.go.jp/j/tokei/kouhyou/sakumotu/sakkyou_kome/attach/pdf/index-79.pdf(PDF:638KB)

令和元年産の水田における作付状況(令和元年9月15日現在・速報値)

令和元年産の戦略作物の取組計画の認定結果等を取りまとめた結果、戦略作物等については、備蓄米の作付面積が増加する一方、加工用米及び飼料用米が減少し、その他の戦略作物については、総じて前年並みとなりました。

(プレスリリースと詳細はこちらから)

http://www.maff.go.jp/j/press/seisaku_tokatu/s_taisaku/190930.html


皆さまのご意見を募集中!~次期「食料・農業・農村基本計画」に向けて~

政府は、食料・農業・農村に関して中長期的に取り組むべき方針を「食料・農業・農村基本計画」として定め、概ね5年ごとに見直しを行っています。現行の基本計画は平成27年3月に策定しており、来年3月で5年が経過することを受け、次期基本計画の策定に向けた検討を開始しました。

検討にあたり、皆さまからのご意見・ご要望を議論に活かしていきたいと考えており、ご意見を来年2月まで随時募集中です!
下記URLの専用フォームからぜひご投稿ください!

皆さまの声で、これからの議論が変わります!
多くのご意見・ご要望をお待ちしております。

〇意見募集の詳細・投稿専用フォームはこちらから

http://www.maff.go.jp/j/keikaku/k_aratana/index.html#ikenbosyu

米に関するマンスリーレポート10月号を公表

今月の「マンレポ」は、「酒造好適米等の需要量調査」の結果について御紹介しています。そのほか、都道府県別の事前契約数量や相対取引価格のデータなどを今年8月末現在で更新しています。ぜひ御覧ください。

http://www.maff.go.jp/j/seisan/keikaku/soukatu/mr.html 

「やっぱりごはんでしょ!」フェイスブックに注目お願いします!

「ごはんをもっと好きになる、もっと食べたくなる」情報をお届けする農林水産省「やっぱりごはんでしょ!」サイト。御覧いただいているでしょうか?

http://www.maff.go.jp/j/syouan/keikaku/soukatu/gohan.html


実は10月から、新たに「やっぱりごはんでしょ!」広報チームを職員有志で結成、まずはフェイスブックページの更新頻度を上げて、今後は連載企画なども改めて展開する計画をしています!

10月最初の投稿でご紹介した、アメリカのレストランオーナーに日本産米の魅力を発信する「おにぎりパフォーマンス」の様子は、動画も載せていますので、ぜひチェックをお願いします!

(Facebook)  https://www.facebook.com/maffgohan/(外部リンク)


引き続き、Twitterでフォローしていただくと、

〇各企業のキャンペーンや新発売情報

〇ごはんを使ったアレンジレシピ

など毎日手軽にチェックすることができます。こちらもぜひに。

(Twitter)   https://twitter.com/maff_gohan(外部リンク)
 

米に関するメールマガジン」についてのアンケート実施 

  読者の皆さまにより有益な情報配信ができるよう、「米に関するメールマガジン」のアンケートを実施しています。今後、米に関するメールマガジンで取り上げて欲しい内容、メールマガジンに対するご意見ご感想等を募集しておりますので、宜しくお願い致します。読者の皆さまにより有益な情報配信ができるよう、「米に関するメールマガジン」についてのアンケート実施します。今後、米に関するメールマガジンで取り上げて欲しい内容、メールマガジンに対するご意見ご感想等を募集しております。ご協力をお願い致します。

回答はこちらから

お問合せ先

政策統括官付農産企画課

担当者:企画班 三浦
代表:03-3502-8111(内線4972)
ダイヤルイン:03-6738-8964
FAX番号:03-6738-8976

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader