ホーム > 組織・政策 > 政策統括官 > 米(稲)・麦・大豆 > 23年産米の特別隔離対策等による米の供給減少分の代替供給について


ここから本文です。

23年産米の特別隔離対策等による米の供給減少分の代替供給について

平成23/24年(23年7月から24年6月までの1年間)の米の供給については、(1)東日本大震災により、倉庫に保管されていた22年産米が被災し、これを23年産米で埋め合わせる形で供給が行われたこと、(2)特別隔離対策(100 Bq/kgを超える23年産米の特別隔離対策)の対象となる米が市場隔離されること、から供給量が減少することとなります。

今般、特別隔離対策による隔離数量がほぼ固まったことから、上記(1)及び(2)に見合う量4万トン程度(震災による倉庫被災分2万トン程度+特別隔離対策による隔離数量2万トン程度)の代替供給を政府備蓄米から行うこととしました。

 

【参考添付】

お問い合わせ先

生産局農産部貿易業務課
担当者:佐久間、田口(入札手続関係)
代表:03-3502-8111(内線5016)
ダイヤルイン:03-6744-1354
FAX:03-6744-1390

生産局農産部農産企画課
担当者:石井、谷口
代表:03-3502-8111(内線4975)
ダイヤルイン:03-6738-8973
FAX:03-6738-8976

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図