ホーム > 組織・政策 > 生産 > 稲・麦・大豆 > 大豆のホームページ > 国産大豆と遺伝子組換え技術


ここから本文です。

国産大豆と遺伝子組換え技術

現在、我が国で都道府県が普及奨励している大豆の品種は、全て日本国内で育成された品種か、日本に古くから伝わる在来種です。 これらの大豆品種には遺伝子組換え技術は使われていません。

生産者団体からの問い合わせに対し、農林水産省の試験研究機関及びその指定試験地で育成された大豆品種には、遺伝子組換え技術が使われていない旨の回答が行われています。

また、都道府県が独自に選抜/育成した大豆品種にも、遺伝子組換え技術が使われていない旨、回答されています。

全国農業協同組合連合会及び全国主食集荷協同組合連合会は、国内における遺伝子組換え大豆の生産・販売が消費者のニーズに反するだけでなく、国産大豆の流通に混乱を来すとの観点から、農家から販売委託を受ける大豆については遺伝子組換え大豆を除くこととしています。

お問い合わせ先

生産局農産部穀物課
担当者:豆類班
代表:03-3502-8111(内線4846)
ダイヤルイン:03-3502-5965
FAX:03-6744-2523

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図