ホーム > 組織・政策 > 生産 > 園芸作物(野菜・果樹・花き) > 次世代施設園芸について > 平成26年2月の大雪被害における施設園芸の被害要因と対策指針


ここから本文です。

更新日:平成26年7月23日

担当:生産局花き産業・施設園芸振興室

平成26年2月の大雪被害における施設園芸の被害要因と対策指針

一般社団法人 日本施設園芸協会は、平成26年2月の大雪による施設園芸の被害を受けて、農林水産省の「次世代施設園芸導入加速化支援事業(全国推進事業)」を活用し、「平成26年2月の大雪被害における施設園芸の被害要因と対策指針」を作成しました。

概要

平成26年2月の大雪は、関東甲信地方でこれまでの観測記録を大幅に更新し、園芸施設に甚大な被害を及ぼしました。

今後、施設園芸産地が同様な大雪に見舞われても、被害を最小限に止めるために園芸施設の被害状況などを適切に把握・検証し、今後の雪害対策・技術対策の資としていかねばなりません。

そこで、一般社団法人 日本施設園芸協会は、農林水産省の「次世代施設園芸導入加速化支援事業(全国推進事業)」を活用し、「平成26年2月の大雪被害における施設園芸の被害要因と対策指針」を作成しました。

指針のポイント

1.被害要因

当日の状況を生産者への聞き取りや気象データにより分析し、被害の要因を検証しています。

2.補強対策

ハウスの構造別の耐雪強度、生産者が自分でできる補強対策などを示しています。

3.保守管理

降雪前のチェックリスト、融雪対策などについて示しています。

参考

一般社団法人 日本施設園芸協会ホームページ

http://www.jgha.com/shiryou.html[外部リンク]

 

〈添付資料〉

・平成26年2月の大雪被害における施設園芸の被害要因と対策指針(PDF:5,457KB)

・平成26年2月の大雪被害における施設園芸の被害要因と対策指針 分割版1(PDF:1,598KB)

・平成26年2月の大雪被害における施設園芸の被害要因と対策指針 分割版2(PDF:1,869KB)

・平成26年2月の大雪被害における施設園芸の被害要因と対策指針 分割版3(PDF:1,095KB)

・平成26年2月の大雪被害における施設園芸の被害要因と対策指針 分割版4(PDF:1,686KB)

・平成26年2月の大雪被害における施設園芸の被害要因と対策指針 分割版5(PDF:916KB)

お問い合わせ先

生産局農産部園芸作物課花き産業・施設園芸振興室
担当者:川合、土佐、小林
代表:03-3502-8111(内線4828)
ダイヤルイン:03-3593-6496
FAX:03-3502-0889

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図