ホーム > 組織・政策 > 生産 > 農業生産資材対策情報 > 農業機械化対策情報 > 農作業安全対策 > 補助事業


ここから本文です。

補助事業

我が国における農作業死亡事故件数については、毎年400件前後と一定の水準で推移していますが、農業就業人口に対する死亡事故件数の割合は増加傾向にあります。

今後、農業就業人口のさらなる減少が見込まれる中で、農作業死亡事故件数を減少させることが喫緊の課題となっています。

このため、農林水産省では以下の事業を実施しています。

平成25年度産地活性化総合対策事業(農作業安全緊急推進事業)

 

全国推進事業

農作業事故の対面調査事業 (本年度の公募は終了しました)

今後の農作業安全の取組手法を検討する際の基礎資料を整理し、事故の実態や事例に基づいた安全指導を行うため、農作業事故について、遺族等を対象とした対面調査を行い、詳細かつ具体的な事故原因等を把握及び分析するとともに、映像を用いて高齢農業者の安全意識を効果的に高める啓発方法等を検討する事業です。

転倒事故通報システムの実用化試験  (本年度の公募は終了しました)

農業現場においてトラクターが転落又は転倒した際に、事故の発生を検出して自動的に通報するシステムを開発し、その実用化に向けた現場実証試験等を行う事業です。

 

地域活動促進事業(PDF:519KB) (追加公募はこちらに掲載しています。)

地域ぐるみでの農作業安全活動を自立的で継続的に実践する体制の整備を促進するため、都道府県段階または市町村段階に設置される農作業安全推進協議会の取組を支援します。 

 
 

お問い合わせ先

生産局農産部技術普及課生産資材対策室
担当者:機械開発・安全指導班 
代表:03-3502-8111(内線4774)
ダイヤルイン:03-3502-5959
FAX:03-6744-2523

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図