ホーム > 組織・政策 > 生産 > 農業生産資材対策情報 > 農業機械化対策情報 > 型式検査について


ここから本文です。

型式検査について

型式検査は、農業機械化促進法(昭和28年法律第252号)に基づき、農業機械の性能、構造、耐久性及び操作の難易について「型式検査の主要な実施方法及び基準」による評価判定(安全性に関するチェック内容は「安全鑑定」と共通。)を行うものです。

「型式検査を行う農機具の種類」、「型式検査の主要な実施方法及び基準」は農林水産大臣が決定・公示し、実際の検査は、国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構生物系特定産業技術研究支援センター(生研センター)が行います。

製造業者または輸入代理店などからの依頼によって型式検査を行い、検査の結果は、農林水産省に報告され、合格機はその型式名と成績の概要が公表されます。

型式検査の結果 

検査成績表を機種別、依頼者別で探す(外部リンク)

型式検査の官報告示(月別一覧)(外部リンク)

型式検査を行う農機具の種類、型式検査の主要な実施方法及び基準

平成27年度において型式検査を行う農機具の種類

    官報(平成28年4月15日告示)(PDF:136KB)

型式検査の主要な実施方法及び基準

型式検査の案内等 

お問い合わせ先

生産局技術普及課生産資材対策室
担当者:機械開発・安全指導班
代表:03-3502-8111(内線4774)
ダイヤルイン:03-6744-2111
FAX:03-6744-2523

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図