このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

更新日:09年03月18日

担当:生産局生産流通振興課流通加工対策室

国産原材料による加工・業務用需要への対応指針

食料需給情勢の変化に対応した加工・業務用に向けた国産農産物の供給体制を構築するため、課題の分析及びあるべき生産・流通体制の方向についての検討を行い、今後の関係者の取組の指針として「国産原材料による加工・業務用需要への対応指針」を策定しました。

指針の概要

加工・業務用需要に対応するための重要な視点

安定供給体制の構築と中間事業者の育成

  • 定時・定量・定品質・定価格での原材料供給
  • 無駄の縮減とコストダウン
  • 消費者の信頼確保
  • ニーズに対応した形態での供給
  • 情報の集積による新商品開発のための企画力

付加価値の創出

産地の意識改革

  • 「加工・業務用需要はすそもの対策」という意識からの脱却

 

品目ごとの加工・業務用需要への対応

例:野菜、果実、小麦、大麦・雑穀、大豆、ばれいしょ、茶、なたね等地域特産物、牛乳・乳製品、食肉

 

指針の詳細な内容は<添付資料>をご覧下さい。

<添付資料>

 

お問い合わせ先

生産局農産部園芸作物課 
担当者:大山、人見
代表:03-3502-8111(内線4791)
ダイヤルイン:03-3502-5958
FAX:03-3502-0889

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader