このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

更新日:27年3月11日

担当:政策統括官付穀物課農産物検査班

「玄米の農産物検査規格に係る情報交換会」の議論の概要について

平成27年1月から3月に「玄米の農産物検査規格に係る情報交換会」を開催しました。この度、議論の概要を取りまとめましたので、公表します。

概要

  農産物検査は、農産物検査規格に基づく等級格付けや銘柄の証明を通じて、大量、広域に流通する農産物について、公正かつ円滑な取引を図ることを目的としています。
  現行の玄米規格が昭和53年に改正されて以降、相当の期間を経過をしていることから、今般、生産者、実需者、消費者等の関係者間で、平成27年1月から3月にかけて3回にわたり情報交換会を開催しました。

  議論の概要については、別添(議論の概要)(PDF:114KB)のとおりです。

 

情報交換会の開催状況

  • 第1回  日時:平成27年1月29日(木曜日)15時00分~17時00分

                      場所:農林水産省生産局第1会議室

  • 第2回  日時:平成27年2月5日(木曜日)14時30分~17時30分

                      場所:中央合同庁舎4号館  農林水産省共用会議室

  • 第3回  日時:平成27年3月2日(月曜日)14時30分~17時40分

                      場所:中央合同庁舎4号館  農林水産省共用会議室

 

お問い合わせ先

政策統括官付穀物課米麦流通加工対策室
担当者:農産物検査班
代表:03-3502-8111(内線4779)
ダイヤルイン:03-6744-1392
FAX:03-6744-2523

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader