ホーム > 組織・政策 > 生産 > 鳥獣被害対策コーナー > 全国の野生鳥獣類による農作物被害状況について(平成15年度)


ここから本文です。

平成17年2月4日
農林水産省

全国の野生鳥獣類による農作物被害状況について(平成15年度)

このことについて、都道府県からの報告に基づき、別添のとおり取りまとめましたので公表します。農林水産省としましては、今後とも、野生鳥獣類による農作物被害を軽減するため、所要の対策を講じることとしています。


(被害状況の概要)
  1. 平成15年度における全国の野生鳥獣類による農作物被害面積は、131千ha(対前年▲13千ha)であった。
  2. 平成15年度における全国の野生鳥獣類による農作物被害量は、333千t(対 前年▲55千t)であった。
  3. 平成15年度における全国の野生鳥獣類による農作物被害金額は、199億円(対 前年▲14億円)であった。
  4. 鳥獣別にみると、イノシシ、シカ、サルによる被害が依然として大きな割合を占めている。

お問い合わせ先

生産局農業生産支援課鳥獣被害対策室
ダイヤルイン:03-3591-4958

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図