このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

21世紀新農政2007

  • 印刷

農政については、「食料・農業・農村基本計画」(平成17年3月25日閣議決定)の方向付けの下で、「21世紀新農政2006」(平成18年4月4日食料・農業・農村政策推進本部決定)により明確にされた重点課題に対し、政府一体となって集中的に取り組んできている。これにより、我が国農業を、21世紀にふさわしい戦略産業としていくための条件整備が進んでいるところである。
一方、近年、経済社会のグローバル化が急速に進展する中で、開発途上国の経済発展やバイオ燃料生産の拡大等を背景とした国際的な食料事情の変化への対応、温暖化防止など地球規模での環境問題への対応等が喫緊の課題となっている。
こうした課題に対し、食料・農業・農村は、その有する諸機能を十分に発揮することにより、課題解決に貢献していくことが期待されている。こうした新たな課題に対して農業や農村が持つ潜在能力を最大限発揮させていくことが、我が国の農業を真に21世紀にふさわしい戦略産業としていく道である。
このような視点に立って、我が国の食料・農業・農村に係る新たな国家戦略を確立するとの考え方の下、内閣に設置された各種本部と連携を図り、関係府省が一体となって、下記事項を内容とする「21世紀新農政2007」を推進することとする。

  1. 食と農に関する新たな国家戦略の確立(PDF:22KB)
  2. 国内農業の体質強化(PDF:23KB)
  3. 国民・消費者の視点に立った食料政策の展開(PDF:21KB)
  4. 地球温暖化対策等の資源・環境対策の推進(PDF:22KB)
  5. 「美しい国」の原点である農山漁村地域を守り、活性化する政策の推進(PDF:21KB)

 

全文はこちら(PDF:41KB)

 

21世紀新農政2007のポイント(PDF:148KB)

参考資料(PDF:1,695KB)

21世紀新農政2006 (平成18年4月4日食料・農業・農村政策推進本部決定)に基づいた取組の進捗状況(PDF:231KB)

 


21世紀新農政2006 (平成18年4月4日食料・農業・農村政策推進本部決定)(PDF:172KB)

 

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader