このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

平成27年度日本食材海外需要拡大対策調査

調査の背景・目的

<背景・目的>

  1. TPP協定の大筋合意を受け、輸出障壁撤廃による、TPP交渉参加国をはじめとした諸外国への輸出額拡大が期待される。
  2. 農林水産業・食関連産業の海外需要拡大促進のため、各国の消費者を理解し、各市場状況に則した施策を講じることが急務である
  3. 施策策定のために、まず各国の消費者における実態・意識を理解する。
  4. 3の結果を踏まえ、施策成果及び実績進捗把握のための指標を設定する。
  5. 3、4に基づき、各国またはエリアにおける戦略的かつ効果的な施策を策定する。

目次

  1. 事業の背景と目的
  2. 事業の構造
  3. 各調査・施策評価手法の具体的な概要(消費者調査、食関係事業者調査、専門家インタビュー、SROIによる施策評価)
  4. 報告書作成概要
  5. 結果の概要

お問合せ先

食料産業局食文化・市場開拓課
担当者:食文化企画班(関屋・濱岡)
代表:03-3502-8111(内線4156)
ダイヤルイン:03-6744-0481
FAX:03-6744-2013

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader