このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

福島県産のお米を食べて応援しよう!

  • 印刷

「食べて応援しよう!」ロゴ

概要

広島地域センターでは、職員を対象に、福島県産のお米の斡旋販売を行っています。復興支援の一助として福島県産のお米を食べることで、安全・安心な福島県産農産物のPRを職員から発信しました。また、広島市内の各官庁等にも協力要請を行い、この結果、8月末までで10機関で購入協力がありました。

さらに、広島合同庁舎1号館食堂において、8月5日(月曜日)から9日(金曜日)の間、福島県産米(会津のひとめぼれ)をお昼のランチで使用しました。

実施日時

平成25年6月~

※広島合同庁舎食堂では、平成25年8月5日(月曜日)~9日(金曜日)まで

実施場所

【購入協力機関】

人事院中国事務局、中国管区警察局、中国四国厚生局、広島検疫所、広島刑務所、広島少年鑑別所、中国地方更生保護委員会、国土地理院中国地方測量部、広島森林管理署、広島市役所

【食材利用】

広島合同庁舎1号館食堂(広島県広島市中区上八丁堀6-30)

実施主体

中国四国農政局広島地域センター

食べて応援しよう!プロジェクトチーム

お問い合わせ先

中国四国農政局広島地域センター

食べて応援しよう!プロジェクトチーム

担当:楠田

TEL:082-228-5840(内線700)

取組の様子

米斡旋食堂

↑米の斡旋(写真左)食堂(写真右)

お問い合わせ先

食料産業局食品小売サービス課
代表:03-3502-8111(内線4152)
ダイヤルイン:03-3502-5741
FAX:03-3502-0614