ホーム > 組織・政策 > 食料産業 > 輸出に係る役立ち情報 > 農林水産物等の輸出の際に相手国から求められる衛生証明書等の発行について


ここから本文です。

農林水産物等の輸出の際に相手国から求められる衛生証明書等の発行について

農林水産物等を輸出する際に、相手国政府から、動植物検疫の観点からの証明書以外に、食品衛生の観点からの証明書などの添付を求められる場合があります。

具体的な条件等に関しては、各国により異なっていますので、輸出に当たっては、必ず、相手国の輸入条件について事前に確認を行う必要がありますが、各品目において求められる証明書は以下のとおりです。

水産物

(1) 衛生証明書
水産物については、都道府県衛生部局等が「衛生証明書」を発行していますが、「衛生証明書」の発行の際には施設の認定等の各種の手続が必要となっています。詳しくは以下のHPをご覧下さい。

 

(2) 統計証明書等
下記の水産物を輸出する際には、水産庁の発行する「統計証明書」等が必要となります。詳しくは以下のHPをご覧下さい。

 

食肉

食肉の輸出に当たっては、食肉処理施設の認定や厚生労働省が発行する「食肉衛生証明書」の添付等が必要となる場合があり、各種手続方法が定められています。
食肉の輸出に当たっては、輸出を行おうとする国の大使館等に輸出の可否や必要な条件を確認していただく必要があります。輸入国が要求する各種の証明書等以外に、動物検疫所が交付する「輸出検疫証明書」が必要となります。
詳しくは以下のHPをご覧下さい。

 

その他農産物等

水産物や食肉以外の農産物等についても、動植物検疫の観点からの証明書以外に、食品衛生の観点からの証明書等が必要となる場合があります。輸出に当たっては、必ず、相手国の輸入条件について事前に確認を行って下さい。
米、しいたけなどについては、農林水産物・食品の原産地を証明する「原産地証明書」の発行を求められる場合があります。「原産地証明書」の発行についてはお近くの商工会議所へお問い合わせ下さい。

 

お問い合わせ先

食料産業局産業連携課海外展開・輸出促進室
代表:03-3502-8111(内線3501)
ダイヤルイン:03-3502-3408
FAX:03-3502-0735

水産物については
水産庁加工流通課
ダイヤルイン:03-3501-1961

食肉については
農林水産省生産局食肉鶏卵課
ダイヤルイン:03-3502-8473

厚生労働省医薬食品局監視安全課
ダイヤルイン:03-3595-2337

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図