ホーム > 組織・政策 > 食料産業 > 農林水産物・食品の輸出における相談事例集


ここから本文です。

農林水産物・食品の輸出における相談事例集

農林水産物・食品の輸出における相談事例集について

目次

Q1 海外の見本市に出展したいのですが、何か補助をしてもらえるのでしょうか。
Q2 海外において、日本産の農林水産物等に対する偽装表示や日本の地名が商標登録出願される等の事例が生じているようですが、何か対策はとっていますか。

Q3

鶏や豚由来の畜肉エキスを米国に輸出するのに許可条件が厳しく、緩和してもらいたいのですが。
Q4 米国がHACCPの義務化を導入したことから、HACCP認定を得るため、MOUを締結してほしいのですが。
Q5 県に所在する果実生産出荷安定協議会(県果協)に参加していない団体から、台湾向け果実の選果場登録申請があったのですが、台湾側検査官の選果場の現地確認について、県果協に参加していない組織の取扱いはどうなるのでしょうか。
Q6 クールチェーンを維持する関係から、植物防疫所での輸出検査を産地で受検できないのでしょうか。
Q7 植物検疫を受検するに当たっては、前もって申請する必要があると聞いていますが、当日の申請は受け付けてもらえないのでしょうか。
Q8 植物検疫上の理由で、日本から輸出できる果実や野菜が制限されているのですが、今後、輸出できる品目は増えないのでしょうか。
Q9 最寄りに商工会議所がないため、原産地証明書の取得に4~5時間かけて商工会議所まで訪問し取得していますが、円滑な取得はできないのでしょうか。
Q10 ロシアにカップ麺(水産加工品を含む)を輸出した際に、ロシア側から 水産物・水産食品に関する衛生証明書の添付を求められました。 このような場合に衛生証明書を発行してもらえますか。
Q11 これまで輸入を許可されていた我が国の農林水産物・食品が、相手国・地域の担当者の解釈の変更により許可が得られなくなったのですが、どうすればよいですか。

 

お問い合わせ先

大臣官房国際部貿易関税チーム 輸出促進室
TEL.03-3502-3408
FAX.03-3502-0735

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図