このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

FCPツールを活用した取組の事例

フード・コミュニケーション・プロジェクト(FCP)では、食の安全と信頼性向上に関する取組について、企業・団体・有識者の方から、勉強会・研究会等で発表いただいています。

協働の着眼点

「協働の着眼点」は食品事業者の共通言語とも言えるもので、その取組を、消費者や取引先など他の事業者から見えやすくする「見える化」を進めるツールです。

 

ベーシック16

「ベーシック16」は「協働の着眼点」をまず最初に見て、使ってみるために作られたツールです。「協働の着眼点」の大項目16項目に則して構成されており、製造、卸売、小売の業種を超えて、食品事業者自身で行動のポイントを項目毎に書き出してみて、自社の取組を見つめ直すことができます。

【事例紹介企業】

製造業

 

卸売業

 

小売業

 

その他

お問合せ先

食料産業局食品製造課食品企業行動室

代表:03-3502-8111(内線4162)
ダイヤルイン:03-6744-2397
FAX番号:03-6744-2369

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader