このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

地域における食と農と福祉の連携のあり方に対する実態調査

地方の人口減少、経済縮小が進む中で、地域の生活サービスの確保、また、食や農のもつ価値を再評価し、福祉やヘルスケアの視点から新たなサービスの創出に繋げていくことが課題となっています。

食料産業局では関係省の協力のもと、「地域における食と農と福祉の連携のあり方に対する実態調査」を実施し、農山漁村が培ってきた暮らしの価値を福祉の観点から再評価し、地域活性化につなげていくための方策及び政策課題について取りまとめました。

平成26年度地域における食と農と福祉の連携のあり方に対する実態調査事業 報告書

農業分野、福祉分野等幅広い分野の有識者、実務者による検討委員会による議論、食と農と福祉の連携に取組む事業者へのヒアリング調査を基に、食と農と福祉が連携した取組の指針及び、取組を振興するための方向性について提言しております。

全体版

分割版

 

P0~5

1.表紙、目次、1章(調査の目的・構成)(PDF:173KB)

 

P6~23

2.2章(調査の背景)(PDF:1,231KB)

 

P24~70

3.3章(検討委員会における問題提起)、4章(先進事例からみる取組の指針)(PDF:727KB)

 

P71~82

4.5章(検討委員会における提言(政策課題))(PDF:1,257KB)

 

P83~101

5.6章(シンポジウム開催報告)(PDF:780KB)

  

お問い合わせ先

食料産業局食品小売サービス課外食産業室
担当者:外食産業専門官
代表:03-3502-8111(内線4156)
ダイヤルイン:03-6744-0481
FAX:03-3502-0614