このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

指定前の公示(第34号)

更新日:平成29年7月11日
担当:食料産業局 知的財産課
下記の名称について、指定前の公示をしたのでお知らせします。

Gorgonzola(ゴルゴンゾーラ)


1 指定前の公示の番号  第34号
2 指定をした場合に締約国の名称として公示されることとなる国の名称  欧州連合
3 農林水産物等の区分  第21類 酪農製品類 ナチュラルチーズ
4 農林水産物等の名称  Gorgonzola (ゴルゴンゾーラ)
5 農林水産物等の生産地  イタリア
 
 このチーズを製造する地域は、以下の州全域が含まれる。
・ベルガモ、ビエッラ、ブレシア、コモ、クレモナ、クーネオ、レッコ、ローディ、ミラン、モンツァ、ノヴァーラ、パヴィーア、ヴァレーゼ、ヴェルバーノ・クジオ・オッソラ、ヴェルチェッリ
・アレッサンドリア州内の基礎自治体であるカザーレ・モンフェッラート、ヴィッラノーバ・モンフェッラート、バルツォラ、モラーノ・ポー、コニオーロ、ポンテストゥーラ、セッラルンガ・ディ・クレーア、チェレゼート、トレヴィッレ、オッツァーノ・モンフェッラート、サン・ジョルジョ・モンフェッラート、サーラ・モンフェッラート、チェッラモンテ、ロジニャーノ・モンフェッラート、テッルッジャ、オッティーリオ、フラッシネッロ・モンフェッラート、オリーヴォラ、ヴィニャーレ、カマーニャ、コンツァーノ、オッチミアーノ、ミラベッロ・モンフェッラート、ジャローレ、ヴァレンツァ、ポマーロ・モンフェッラート、ボッツォレ、ヴァルマッカ、ティチネート、ボルゴ・サン・マルティーノ、フラッシネート・ポー 
6 農林水産物等の特性、生産の方法その他の当該農林水産物等を特定するために必要な事項 (1)特性
 ゴルゴンゾーラは、牛の全乳のみで作られ、柔らかく脂肪分のある生チーズである。
 最終製品は以下の特性を有する。
・形状:円筒形、上下両面が平らで、側面は真っ直ぐで高さがある。
・寸法:最低高さ13cm、直径20cmから32cm
・重量:
 ・大ホイール・マイルドタイプ:10~13kgでマイルドまたはやや刺激のある風味
 ・中ホイール・刺激のあるタイプ:9~12kgで強い刺激のある風味
 ・小ホイール・刺激のあるタイプ:6~8kgで強い刺激のある風味
・外皮:灰色またはピンク色。外皮は非食用。
・チーズ内部(ペースト部分):均一な白色または薄い黄色。カビが作り出した特徴的な青緑色のマーブル模様
・固形分中の脂肪分:最低48%
 
 ゴルゴンゾーラは、1996年6月、農産物及び食品の地理的表示及び原産地名称の保護に関する1992年7月14日付理事会規則(EEC)第2081/92号に基づき欧州委員会によりPDOとして指定されている。
 
(2)生産方法
 ゴルゴンゾーラは以下のように製造される。
・生産地で搾乳された牛の全乳を低温殺菌する。
・凝乳化:低温殺菌後、牛の全乳に凝乳酵素を加え、青カビ(penicillium)胞子の懸濁液や選抜した酵母菌を植菌する。その後28-36℃で子牛レンネットを加える。
・凝乳を穴のあいた円筒形の容器(fasceruoli)に入れ、上下平面の両面に酪農場の識別番号が記載された原産地表示を貼付する。
・出来上がったチーズホイールを室温18-24℃で数日間まき塩する。
・熟成期間中、ゴルゴンゾーラの特徴である青カビ各菌が成長し、青緑色のマーブル模様が形成される。
 
○以下に定める期間熟成を行う。
・大ホイール・マイルドタイプ:最低熟成期間:50日
・中ホイール・刺激のあるタイプ:最低熟成期間:80日
・小ホイール・刺激のあるタイプ:最低熟成期間:60日
 
 熟成は全てのタイプで室温2~7℃、湿度85~99%で行われる。熟成期間中、ゴルゴンゾーラ(マーブル模様)の特徴である青カビの成長を促進させるために、チーズ内部(ペースト部分)に時折穴を開けることがある。熟成期間終了時に、製品が消費者に販売するための要件を満たしていることを検査機関が確認する。その後、チーズを識別表示が貼付されたひだのあるアルミ箔で包む。
 
(原産地の証明)
 製造工程の全段階は監督されなければならず、各段階での投入・産出状況は記録されなければならない。これにより産品のトレーサビリティが確保される。また産品のトレーサビリティは、監督機関が管理する畜産農家、酪農家及びチーズ熟成業者を掲載した登録簿と製品登録簿の維持、そして製造量の監督機関への通知によっても確保される。原材料そのものも、製造工程の全段階を通じて管轄の監督機関によって慎重に監督される。登録簿に名前が記載される全ての自然人及び法人は、産品明細書及び管理計画に従った監督機関の監督対象となる。
 
(監督機関)
 CSQA Certificazioni S.R.L.   
 
(2)農林水産物等の特性がその生産地に主として帰せられるものであることの理由
 自然要因としては、定義された生産地域の気候条件が、良質な乳牛飼料及びチーズの官能的特性や着色に影響をもたらす微生物の成長を促している。
 人的要素としては、地元経済における当該チーズの歴史的重要性に加え、ゴルゴンゾーラの複雑な製造工程が伝統的なチーズ製造技術であることである。つまり、凝乳酵素や青カビ胞子懸濁液、選抜された酵母菌の植菌、理想の温度での仔牛レンネットの添加、まき塩及び熟成期間中のチーズ内部(ペースト部分)への特徴的な穿孔は、定義された生産地域において何世紀にも渡って伝えられてきたものである。
 当該生産地域に乳牛の良質な飼料が豊富に存在していることや、伝統的なチーズ製造技術、特に青カビ胞子の植菌、まき塩、熟成中の穿孔が、ゴルゴンゾーラの官能的特性や着色を確実なものとする。
7 法第29条第1項第2号ロの該当の有無等 
(1)商標権者の氏名又は名称  -
(2)登録商標  -
(3)指定商品又は指定役務  -
(4)商標登録の登録番号  -
(5)商標権の設定の登録の年月日  -
(6)専用使用権者の氏名又は名称  -
(7)商標権者等の承諾の年月日  -
8 公示の年月日  平成29年7月11日
9※ 意見書提出期間
(公示開始日から3か月間)
 平成29年10月11日まで
※意見書提出についてはこちら

お問合せ先

食料産業局知的財産課

担当者:地理的表示保護制度担当
代表:03-3502-8111(内線4286)
ダイヤルイン:03-6738-6315
FAX番号:03-3502-5301