このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

指定前の公示(第40号)

更新日:平成29年7月11日
担当:食料産業局 知的財産課
下記の名称について、指定前の公示をしたのでお知らせします。

Pecorino Romano(ペコリーノ ロマーノ) 


1 指定前の公示の番号  第40号
2 指定をした場合に締約国の名称として公示されることとなる国の名称  欧州連合
3 農林水産物等の区分  第21類 酪農製品類 ナチュラルチーズ 
4 農林水産物等の名称  Pecorino Romano(ペコリーノ ロマーノ) 
5 農林水産物等の生産地  イタリア
 
 サルデーニャ州、ラツィオ州及びトスカーナ州グロッセート 
6 農林水産物等の特性、生産の方法その他の当該農林水産物等を特定するために必要な事項 (1)特性
 ペコリーノ ロマーノは、硬質の加熱されたチーズであり、生産地域のサルデーニャ州、ラツィオ州及びトスカーナ州グロッセートで飼育された羊の新鮮な全脂肪乳のみを使用している。
 食用として販売する場合、形状は、円筒状で平坦な側面を持ち、その平坦面の直径は25~35cm、重量はチーズホイールのサイズによるが20~35kgとなる。
 外皮はきめが細かく、色は象牙色又は自然の麦わら色をしており、特別な保護カバーで覆われている場合もある。外皮部分は密度が高い、あるいはやや目の粗い構造をしている。カットすると、内部は白色~多少濃いの麦わら色をしている。
 風味は、香り高く食卓用チーズとしては若干スパイシーさがあり、一方で、すりおろしに使用する熟成が進んだチーズの場合は、スパイシーかつ非常に強く風味豊かな味となる。ペコリーノ ロマーノは特徴的な香りを持つ。固形分中脂肪含量は36%以上である。
 
 ペコリーノ ロマーノは、1996年6月、農産物及び食品の地理的表示及び原産地名称の保護に関する1992年7月14日付理事会規則(EEC)第2081/92号に基づき欧州委員会によりPDOとして指定されている。
 
(2)生産方法
 ペコリーノ ロマーノの製造過程は、本チーズの生産地のみで飼育している子羊の胃(第四胃)から由来する酵素レンネット、固有の天然バクテリア培養の使用等に挙げられる特徴的なアジュバント剤(補助剤)の使用等、従来の特徴を変えずに保ち続けている。チーズの加塩工程は、現在においても古くから伝わる複雑な自家製技術に基づき行なわれており、本製品に固有の特徴付けをしている。
 牧羊は、本地域固有品種であるサルダ種を使用することが特徴となっている。サルダ種は、異種交配をせず、当該生産地に広範に存在し、生産地域に存在する羊の伝統種の95%を占め、飼育場が占める割合も96%と広範囲であることを特徴としており、羊の群れは野生及び半野生の状態で飼育され移動放牧が頻繁に行なわれており、天然牧草が栄養源となっている。天然牧草は、一頭あたりの年間飼料の80%となっている。残りの20%は、秋と冬に牧草が育つ草原からであり、春後半に刈り取りが行なわれ、貯蓄飼料(干し草)として使用する。授乳期間は季節による傾向があり、気候や繁殖構造、牧草の有無に影響され、年間160~220日となる。
 
(3)農林水産物等の特性がその生産地に主として帰せられるものであることの理由
 ペコリーノ ロマーノの生産地域における牧畜や酪農の伝統は、ローマ時代から地中海地域を越えて広く知られていた。その証拠に、マルクス・テレンティウス・ウァロやコルメラといった歴史家がその著書「De re rustica(農事論)」の一節を割き「Casei facendi ratio」において当時のチーズの製造や加塩の技術を記述しており、その内容は今日のペコリーノ ロマーノの製造と非常に似ている。著者は、この方法を用いることで、高い鮮度を保ったチーズの製造が可能となり、「Hoc genus casei potest etiam maria permiti」だと記述している。このようなことからも、ペコリーノ ロマーノがよく知られたチーズであり、需要も広範囲にわたっていたことが伺える。
 生産地域は、次のような要素が特徴となっている。
 サルダ種の羊は、特殊な気候、環境と食物条件並びに遺伝的特異性により本生産地において広まった。何世紀もかけて、サルダ種の羊は生産地の環境に適合したため、自然淘汰を経験していない。フランス人地理学者Maurice Le Laimouによる次の主張は非常に重要である。「この海(ティレニア海と思われる)の存在により、あの島(サルデーニャ島と思われる)の気候が快適なことから、この場所でサルダ種の羊の生息範囲が拡大した」(Maurice Le Lannou, Patres et Paysans de la Sardaigne、1941年)
 
○経済的側面
 国内の羊の40%は、ペコリーノ ロマーノの生産地で飼育されており、羊乳の国内生産の55%を本地域が担っている。
 チーズの製造は通常、羊の飼育場と製造工程がその地域の唯一の経済活動となっている地域で行なわれている。
 ペコリーノ ロマーノは、19世紀末から始まった(最初の貿易は1884年に遡る)北米及び南米のイタリア人に向けた輸出により有名なチーズとなった。今日においても、EU域内で生産される羊のチーズの中で世界中に最も多く輸出されている産品となっている。
7 法第29条第1項第2号ロの該当の有無等 
(1)商標権者の氏名又は名称  -
(2)登録商標  -
(3)指定商品又は指定役務  -
(4)商標登録の登録番号  -
(5)商標権の設定の登録の年月日  -
(6)専用使用権者の氏名又は名称  -
(7)商標権者等の承諾の年月日  -
8 公示の年月日  平成29年7月11日
9※ 意見書提出期間
(公示開始日から3か月間)
 平成29年10月11日まで
※意見書提出についてはこちら

お問合せ先

食料産業局知的財産課

担当者:地理的表示保護制度担当
代表:03-3502-8111(内線4286)
ダイヤルイン:03-6738-6319
FAX番号:03-3502-5301