このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

登録産品紹介(登録番号第32号)

登録番号 第32号 大館とんぶり

大館とんぶり(新)

特定農林水産物等の区分

第17類 野菜加工品類 その他第1号から前号までに掲げるもの以外の野菜加工品(とんぶり)

特定農林水産物等の生産地

秋田県大館市

登録生産者団体

あきた北農業協同組合

特定農林水産物等の特性

アカザ科ホウキギ属の一年草であるホウキギ(昔は茎を束ね、ほうきとして利用)の実を原料とした加工品。直径1~2mmの粒状で、味はないが、プチプチした魚の卵に感じられる食感を楽しむ食材。その食感から「畑のキャビア」などとも呼ばれる。

地域との結び付き

山に囲まれ風が少ないことが、実が落ちやすいホウキギ栽培に適している。加工処理に必要な豊富な湧き水に恵まれている。江戸時代から「とんぶり」を食す習慣があったとされ、加工に必要なノウハウが伝承。「とんぶり」の語源は「ぶりこ(秋田の県魚であるハタハタの卵)」といわれ、秋田を代表する特産品の一つ。

お問合せ先

食料産業局知的財産課

担当者:地理的表示保護制度担当
代表:03-3502-8111(内線4284,4282)
ダイヤルイン:03-6738-6315
FAX番号:03-3502-5301