このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

登録産品紹介(登録番号第73号)

登録番号 第73号 浄法寺漆

 

特定農林水産物等の区分

第38類漆類、荒味漆、生漆 

特定農林水産物等の生産地

岩手県全域、青森県三戸郡、八戸市、十和田市、秋田県鹿角郡小坂町、鹿角市、大館市
 

登録生産者団体

岩手県浄法寺漆生産組合
 

特定農林水産物等の特性

硬化後の強度が非常に優れているうえに、安定した品質を有する漆。透明度、硬化時間、粘度等のバリエーションも豊富であることから、漆芸家や塗師、文化財修復職人などの需要者から高く評価。国宝や重要文化財など日本を代表する建造物の修理・修復に使用。

地域との結び付き

江戸時代に盛岡藩が漆の生産を奨励して以来、国内最大のウルシ原木資源を継承。伝統的な技法を習得した漆掻き職人により生産されてきた国産漆の約7割を生産する一大産地。(平成27年実績)

 

お問合せ先

食料産業局知的財産課

担当者:地理的表示保護制度担当
代表:03-3502-8111(内線4284)
ダイヤルイン:03-6738-6315
FAX番号:03-3502-5301