ホーム > 組織・政策 > 食料産業 > 農林漁業の6次産業化 > 地産地消ホームページ > 地産地消関連の法律について > 地域の農林水産物の利用の促進の目標について


ここから本文です。

更新日:平成26年1月8日

担当:食料産業局産業連携課

地域の農林水産物の利用の促進の目標

  農林漁業者等による農林漁業及び関連事業の総合化並びに地域の農林水産物の利用の促進に関する基本方針第2章第2において地域の農林水産物の利用の促進のために特に重要と考えられる事項について目標を設定しています。

直売所の年間販売額に関する目標

  農畜産物を取り扱う通年営業の直売所について、年間販売額が1億円以上のものの割合を、平成32年度までに50%以上とする。

学校給食における地場産物の使用に関する目標

  学校給食において地場産物を使用する割合(食材ベース)について、食育基本法(平成17年法律第63号)第16条第1項に規定する食育推進基本計画に定める目標を達成する。

都市と農山漁村の共生・対流の推進に関する目標

   農家民宿等のグリーン・ツーリズムのための施設の年間延べ宿泊者数を、平成32年度までに1,050万人とする。

お問い合わせ先

食料産業局食文化・市場開拓課
担当者:国産消費企画班
代表:03-3502-8111(内線3803)
ダイヤルイン:03-6744-2352
FAX:03-6744-2013

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図