このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

栄養改善の国際展開


世界では深刻な栄養不良が課題となっており、世界的な栄養改善の取組強化が求められています。農林水産省は、農林水産業・食品産業を所轄する立場で積極的な貢献を果たすため、日本企業の栄養改善事業の国際展開の取組を支援しています。官民連携で栄養改善事業を推進するため、平成28年9月に「栄養改善事業推進プラットフォーム」が発足しました。

栄養改善事業推進プラットフォーム(Nutrition Japan Public Private Platform)

「栄養改善事業推進プラットフォーム(Nutrition Japan Public Private Platform)」とは、官民連携で栄養改善事業を推進する枠組みです。民間企業のアイデアをベースに、栄養改善効果が期待できる途上国の国民向け食品供給事業のビジネスモデル構築を目的としています。プラットフォームの活動は政府や海外の関係機関とも連携して、一体的に進めていきます。

栄養改善事業推進プラットフォームと官民連携の枠組み



プラットフォームの活動

お問合せ先

食料産業局企画課

担当者:栄養改善国際展開タスクフォース事務局
代表:03-3502-8111(内線4136)
ダイヤルイン:03-3502-5742
FAX番号:03-3508-2417

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader