このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

 

 

「食品事業者の5つの基本原則」に関する意見交換会

趣旨

平成19年に消費者の信頼を揺るがす食品の偽装表示等の事件が相次いで発生したことを背景に、平成20年に食品業界において個々の食品事業者がコンプライアンス意識を高めるための「道しるべ」として、「『食品業界の信頼性向上自主行動計画』策定の手引き~5つの基本原則~」(以下「食品事業者の5つの基本原則」という。)が策定されました。

昨今の大規模な米の産地偽装、メニューの不適正表示、意図的な毒物混入、異物混入などの事案を踏まえ、関係者が昨今の事案を振り返り、企業のあり方、考え方と「食品事業者の5つの基本原則」について、意見交換を行い、関係者で共有し、普及していくこととするため、食品業界団体、消費者団体、マスコミ、有識者で構成する意見交換会を開催いたします。

開催実績

「食品事業者の5つの基本原則」(平成28年1月改訂版)

1.「食品事業者の5つの基本原則」に関する意見交換会からのメッセージ(PDF:114KB)

2.概要版(PDF:577KB)

3.基本原則

(1)食品製造事業者・食品輸入事業者編 全文(PDF:504KB) 新旧対照表(PDF:379KB) 

(2)食品製造小売事業者編 全文(PDF:418KB) 新旧対照表(PDF:292KB)

(3)外食事業者編 全文(PDF:495KB) 新旧対照表(PDF:368KB)

(4)中食事業者編 全文(PDF:509KB) 新旧対象表(PDF:381KB)

(5)生鮮食品卸売事業者編 全文(PDF:594KB) 新旧対照表(PDF:382KB)

(6)食品小売事業者編 全文(PDF:500KB) 新旧対照表(PDF:377KB)

 

意見交換会 

 

意見交換会委員について


 

 

お問合せ先

食料産業局食品製造課食品企業行動室

代表:03-3502-8111(内線4163)
ダイヤルイン:03-6738-6166
FAX番号:03-6744-2369