このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

産学官連携による食品安全専門人材育成研究会

趣旨

食のグローバル化が急速に進展する中、HACCPを含む食品安全管理の実施・向上と認証による確認が世界共通の課題となっており、我が国でも食品衛生法が改正され、HACCPが制度化されることとなりました。食品安全・信頼性の向上と国際競争力を強化していくためには、食品安全管理に関する専門的な知識を有する食品企業の人材の確保と監査を行う人材の力量向上が必要です。
そこで、今回初めて、農林水産省において、食料産業界、大学・教育機関と連携し、食品安全管理について産業界が求める人材像と大学が考える教育のあり方や課題等を共有・意見交換し、標準的な食品安全管理に係る教育コースを議論するための「産学官連携による食品安全専門人材育成研究会」を立ち上げました。
当研究会への参加を希望される大学・教育機関の方は、下記のお問合せ先までご連絡ください。

開催実績

第1回研究会(平成30年6月22日)

第1回研究会では、企業と大学が協力して教育カリキュラムを開発・実施している事例の紹介の後、食品安全に係る教育のあり方や課題についての意見交換を行いました。(参加大学・研究機関:21校・1機関)

【資料一覧】

【意見概要】

お問合せ先

食料産業局食品製造課食品企業行動室

代表:03-3502-8111(内線4163)
ダイヤルイン:03-6738-6166
FAX番号:03-6744-2369

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader