このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

プラスチック資源循環

近年、国内外でプラスチック資源循環が問題となっている中で、農林水産・食品産業においても、食品の容器包装等消費者に極めて身近な多くのプラスチック製品を利活用していることから、積極的に対応していく必要があります。

このような中で、国内においては、既に食品等の容器包装をはじめ、リデュース、リユース、リサイクル(3R)に係る各種の法制度が導入され、PETボトルにおいては8割を超える高いリサイクルを実現しているなど、廃棄物の処理システムが運用されている。加えて、各業界・企業においてはそれぞれの業態・事情に即し、排出抑制、回収・再利用について独自の取組が展開されています。

農林水産省としては、各企業・業界団体の自主的取組に焦点を当て、一層の周知を図りこれを積極的に奨励する観点から、まずは、容器包装をはじめプラスチック製品を様々な形で利活用している食品産業界・企業に対して、本問題に対応した行動を早急に促していくこととし、政府内や産業界における横断的な動きとも連携・協調しつつ対応しています。

1.地球にやさしいプラスチック資源循環推進会議(有識者懇談会)

業界の取組の方向性を多方面から検討する有識者懇談会を開催、業界の取組を農林水産省としても積極的に発信することにより、農林水産・食品産業に広くこの取組を拡大していきます。

2.プラスチック資源循環アクション宣言について

プラスチック資源循環の問題への対応を国民の理解を得ながら促進する一環として、農林水産・食品産業の業界団体・企業から、プラスチック資源循環に資する自主的取組を広く募集しています。応募いただいた業界団体・企業の自主的取組については、農林水産省のホームページやSNS、各種媒体等を用いて、広く国民に発信します。こうした活動を通じ、関係府省とも連携しながら、国民一人ひとりのプラスチック資源循環への理解を深め、国民一人ひとりの取組も促進する機運醸成に努めてまいります。応募される自主的取組は、プラスチック資源循環に資する自主的取組であれば、どのようなものでもかまいません。
農業・漁業関係の企業・団体等の自主的取組についても募集しています。

3.関係省庁の取組

お問合せ先

食料産業局バイオマス循環資源課食品産業環境対策室

担当者:容器包装リサイクル班
代表:03-3502-8111(内線4320)
ダイヤルイン:03-3502-8499
FAX番号:03-6738-6552

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader