ホーム > 組織・政策 > 食料産業 > 食品リサイクル法関連 > 食品ロスの削減・食品廃棄物の発生抑制 > フードバンク


ここから本文です。

食を大切にいかし、必要としている人たちへ フードバンク

フードバンクトップページ

本サイトは、平成21年度フードバンク活動実態調査事業で把握された課題をわかりやすく解説したページです。

フードバンク

食品企業の製造工程で発生する規格外品などを引き取り、福祉施設等へ無料で提供する「フードバンク」と呼ばれる団体・活動があります。

農林水産省では、まだ食べられるにもかかわらず廃棄されてしまう食品(いわゆる食品ロス)を削減するため、こうした取り組みを有効に活用していくことも必要ではないかと考えています。

しかしながら、フードバンクは米国ではすでに40年の歴史がありますが、日本では2000年以降フードバンクが設立されはじめたところであり、その活動内容等についての把握は十分ではありませんでした。
このため、平成21年度に「フードバンク活動実態調査事業」を実施し、我が国における活動の実態を把握するとともに、今後の活動の活性化に資するようフードバンクの運営上の課題等を整理しました。

本コーナーは、その報告書の概要を紹介するものです。

フードバンク関係図

フードバンクに関するアンケート調査

「フードバンク」活動の認知度
「フードバンク」について見聞きしたもの

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ


アクセス・地図